山林生活

宮崎空港に強制スポーンされたけど生きて帰る旅

宮崎空港に強制スポーンされたけど生きて帰る旅

[更新日]
[著作者]

自分で決めずに他人に行先を選んでもらう。しかも旅行当日空港で。
こんな行き当たりばったりの旅も楽しそうなので実際にやってみることにしました。そして選ばれた先は宮崎。天候が良い場所をということで選んでもらったのですが生憎の曇天模様。さらには明日は雨予報となっています。

でも、これがガチャ旅の醍醐味。

選んでくれた人が天気予報を見てくれました。わざと天候の悪い場所を選んだわけではないでしょうが、仮に悪意を持って選んでいたとしてもそれもガチャ旅の醍醐味。このクソ悪い天気も楽しさの一つ。

天候は芳しくないですが、気温は関東と比べると明らかに高めです。都心では上着が必要な状態でしたが半袖で過ごせます。

いつもであれば出発前にホテル予約を済ませておくのですが、何せ行き先が決まったのが3時間ほど前。機内ではWi-Fi使えなかったので事前に検索もできず。何も決めずにすでに宮崎に到着している状態です。
とりあえず宮崎市の中心地を拠点にしようと思うので空港について早々ホテルを数日間ネット予約しました。しかし空港からどう動けばよいかわからない。
仕事で来たときに宮崎空港は利用していましたが、空港からはレンタカーを借りました。地方都市は車が無いと何もできないんです。でも今回は車を借りるつもりはありません。そのためここから電車で移動します。

困った時の案内所。普段ならネットで検索して調べちゃうんですが行き当たりばったりだと何から調べてよいかわからなくなります。電車を乗るにもどこに改札があるのかも不明。そのため案内所で聞くことにしました。

どうやら空港から出ている電車があるようです。

電車で福岡まで行けるんですね。
現在宮崎にいます。このスポーン先から飛行機を使わずに家まで戻る旅ってのもいいですね(宮崎観光する気が無い)。今回の旅は10日間くらいで考えています。10日あれば適当に移動して帰れそうです。でもせっかく宮崎来てるんだから数日間はここに滞在します。

宮崎空港から宮崎駅まではSuicaの利用が可能ですが、地方だとSuicaが使えないところも結構あります。
あと地方の飲食店は現金払いのところが多いです。手持ちの現金は3万円ほど。じぶん銀行アプリでお金は引き出せますができる限りカード決済と電子マネーを使って乗り切りたいです。

“日なたの国”宮崎です。電車には「SUNSHINE」と書かれてます。全然日の光を浴びられない曇天ですが。

宮崎駅に到着。宮崎駅は中心地の繁華街から800mほど離れています。歓楽街のニシタチあたりのホテルを予約したのでまずはチェックインのためそちらまで移動します。

宮崎駅から繁華街はタクシーを使うほどの距離ではないが歩くと10~15分くらいかかります。こういった周遊電動バスを利用するのが便利っぽいですね。100円なので使い勝手がよさそうです。でも使い方わからないしどこに行くかも不明だったので使いませんでした。わからなければひたすら歩くのみ。

たぶんここがメインストリート的なところでしょうかね。この先にニシタチっていう繁華街があります。

猫です。

こちらにも猫がいます。どうやら地域猫っぽいですね。

店前でじっと待っています。撮影していたところお店の人が中から出てきました。いつもおやつをあげる時間のようで、代わりにあげて欲しいとのこと。なんかチャオちゅーるもらいました。ちゅーるといえば猫のおやつ。

【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた
【コロニャ対策】本当のネコまんま「チャオちゅ~る」を食べてみた

小屋のテラスで酒を飲み、葉巻を吸う。これが小屋の楽しみです。周りには人がいない。人の声もしない。鳥のや虫たちの声

一度食べたことがありますが、まぁまぁ美味しいです。

知らない人からもらったちゅーるを知らない猫にあげる。
野良猫に餌を与えるのは微妙な感じですが、地域ネコであの様子は日常的に餌を与えているのでしょう。
ちゅーるは食べたことありますがあげるのは初めてです。マジで食いつきがよい。っていうよりちゅーるを手に持った時からずっとくっついてきました。

先ほどまで少し警戒していましたがちゅーるあげた途端従順になりました。ちゅーるは偉大なり。
ちゅーる貰った店には恩返ししないとですね。今晩店に行こうと思ったんですが、コロナの影響で県外の人は入店禁止でした。
そんなわけでコロナ明け再度宮崎に行くことがあれば、

「あの時、ちゅーるを頂いたネコです」

とお礼を言いに立ち寄りたいと思います。

今回宿泊するホテルの入り口にはキャバクラかラウンジ系の看板が置いてあります。
どうやらホテル上階にキャバクラがあるようです。
さすが日本一スナックのある街と言われるだけあります。ホテルから一歩も出ることなく宮崎の夜を堪能できるオールインクルーシブホテル。酔いつぶれてもすぐに部屋まで行けるので安心して飲めますね。女性が接客する飲食店を毛嫌いする人は比較的多いですが宮崎は寛容のようですね。

普通のビジネスホテル。日中作業をするためテーブルがあるといいですね。これで問題ありません。

天候には恵まれませんでしたが行ったことのない町並みが広がっています。

ワクワクスポット発見。なんかちょっと様子がおかしいところがあります。
とりあえずまずはこのあたりを観てまわりたいと思います。

関連記事

「水戸歓楽街」東照宮そばの旧私娼窟、大工町の怪しい花街
「水戸歓楽街」東照宮そばの旧私娼窟、大工町の怪しい花街

水戸駅にいます。 こちらは水戸駅北口にある徳川光圀公と助さん格さん像です。水戸と言えば黄門様。 30...

 
寒くなったら飛行機で旅へ。やっぱり暖かい所に行きたい!
寒くなったら飛行機で旅へ。やっぱり暖かい所に行きたい!

10月や11月になると旅行したい気分になります。海外旅行に行くのは大体これくらいの時期。その理由は日本が徐々に寒くなるから。...

 
高知の旧赤線地区「堺町」は特殊な旅館とお風呂がある街だった
高知の旧赤線地区「堺町」は特殊な旅館とお風呂がある街だった

高知市内には明治になってから三か所に遊郭ができました。高知城の西側にあった玉水新地、東側にあった稲荷遊郭、五台山にで...

 
【リンゴは何も言わない】弘前城と弘前市りんご公園【サクラ咲かない】
【リンゴは何も言わない】弘前城と弘前市りんご公園【サクラ咲かない】

青森駅のすぐそばからカーフェリーが出ていてそこから北海道に渡れるんだとか。函館から北海道を時計回りに回る旅。出発当初...

 
秋田から山形へ。海沿いドライブの旅
秋田から山形へ。海沿いドライブの旅

横手市にある増田まんが美術館でさいとう・たかを氏と浦沢直樹氏の原画展があるんだそう。 ゴルゴも見てるし...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS