山林生活

廃娼県を目指した長野。それが色濃く残る佐久市中込飲食街

廃娼県を目指した長野。それが色濃く残る佐久市中込飲食街

[更新日]
[著作者]

遊郭は人身売買の温床である。
江戸時代は当然のように人身売買があり、とくに女性の人権は蔑ろにされていました。
男性社会であった日本は女性の地位は低く人身売買の対象で行き先は遊郭。
売られてきた身の上なので当然権利など無く、遊女の末路は悲惨だったのでしょう。煌びやかな印象のある遊郭ですが実情は暗い場所でした。

明治に入り、外国の文化が入ってくると人権の意識も変化がありました。キリスト教的な考えが根付いたのもこのころ。売春はよくないという考えから明治になって廃娼運動が盛んとなりました。廃娼運動は全国規模で起こり、埼玉を皮切りに群馬や青森、長崎、岡山などあちこちで廃娼、つまり遊郭を無くすようになったそうです。
ただ実際のところは公娼が禁止となっただけで私娼は黙認された状態。遊郭は廃止されたものの私娼窟ができ、結局は以前と変わらぬ状態、むしろ行政が管理しない結果、様々なトラブルを生んだのでしょう。

本日は長野県佐久市にいます。

長野県にもソープランドがありません。いわゆる廃娼県に分類されています。
厳密には廃娼県ではなく「廃娼を目指した県」のようです。

長野は明治10年に公娼制度を認め、県内に遊郭がいくつか設置されました。しかし廃娼運動が盛んとなり、長野県議会でも廃娼案が提出されました。
ただ、何度か廃娼決議案が提出されたものの否決され続けたようです。廃娼の決議案が可決されたのが廃娼を提言してから50年後の昭和5年。可決はされたものの戦争によりうやむやになったそうです。このように一応廃娼県ではありますがその期間は短く、廃娼県と呼ぶべきか微妙なところ。戦後はGHQにより全国で廃娼となりました。

廃娼県ではないとはいえ廃娼運動が盛んだった長野では性風俗営業は風当たりの強いところだったのでしょう。そのため店舗型で性風俗営業を許可された店が少ないんです。でも、店があろうが無かろうが性欲がなくなるわけではありません。

長野は山に囲まれた場所です。今では鉄道や高速が通っているため県外に行きやすいですが、昔はそうではなかったのでしょう。そのような閉鎖的な場所では“自活”ができなければならんのです。しかし前述の通りソープがない。そのため長野は独自の文化が発達したそうです。本日はその一部を見てまわります。

佐久市は岩村田、中込、野沢、臼田という集落があり、本日は中込に来ました。

集落の中にある中込駅ですが、長野は車社会です。電車の本数は一時間に一本のペース。そして終電は22時前。
車が無いと生活するのは大変ですね。

千曲川を渡った先に野沢集落があり、そちらに成田山薬師寺があるようです。いわゆる千葉の成田山の支店的なやつでしょうか。ちょっと気になりますが私のような宗教アンチの餓鬼畜生が参拝してもご利益は無いのでしょう。本日はそちらではなく川の手前にある飲み屋街に行きます。

この小さな橋を渡った先が中込の飲み屋街です。

いわゆるスナック街です。雰囲気は郊外にあるスナック街のソレですが、実態は少し異なるようです。

記した通り長野は廃娼を目指した県。そのため特殊浴場が県内にありません。公然と風俗営業が認められない場合、裏家業が幅を利かすのが世の常。長野では飲食店を装った飲食店ではない飲食店が多くあるようで、中込にあるスナックはまさにその業態のところのようです。

要は連れ出しスナックです。

お風呂に入って背中を流してもらってたら恋に落ちちゃうヤツが特殊浴場。
食事してたら恋に落ちちゃうヤツがちょんの間。
飲んでたら恋に落ちちゃうヤツが連れ出しスナック。

特殊浴場やちょんの間との違いはことをその場で致すか否か。連れ出しスナックは「連れ出す」ため別のところで致す形です。いわゆるホテトルの元祖みたいなやつでしょうか。中込特殊飲食街はそういった特殊な業態の店があるそうです。

こちらはナイトタウン一番街。如何にもな名前の飲み屋街です。

細い路地にネオン看板。雰囲気がいいですね。

レンタルスナック。いわゆる又貸しスナックでしょうか。
飲食店経営は店舗契約、内装造作、各種届出など出費や手続きが多いためなかなか気軽に始められません。
でもそれらが全て用意されていればすぐに始められます。飲食店の許認可はおそらく部屋を貸している人の名前で届出をしているのでしょう。
若干グレーな感じもしますが、試しに飲食店経営をしてみたいって人には都合がよいし、貸す側も空き室問題の解消になるからよいですよね。

規制緩和で訪日外国人が増えているようですが、高齢者の多い地方都市ではコロナは命にかかわる問題。訪日外国人どころか県外の人の往来も望んでいないところもあるようです。そもそも中込のスナック街は地元の人を対象とした店なのでしょう。なかなかこの手の店の扉を開けるのは勇気がいりますからね。

連れ出しスナックは連れ出す先が必要なのでこの近辺にはいくつかホテルがあります。以前はレンタルルームもあったようですが、それらしき店は見当たりませんでした。そもそも車社会の長野。連れ出すのが近場である必要はないのでしょう。

この界隈の店は韓国系のところが多いようです。海に面していない長野。それでも韓国旅行気分を味わえます。
ただコロナの影響で中込のスナック街も静かになっているようです。とくに一般的なスナックよりも濃厚接触の高いところです。その手の遊びを控えた人も多くいたのでしょう。客が来なければ成り立たなくなります。お店の経営者は補助金が出たのでしょうが、キャストはもらえません。しかも外国人であれば尚更国の保護は受けないでしょう。出稼ぎで来ていた外国人はもう国に帰ったのでしょう。つまりコロナ明けの今が連れ出し外国人スナックの正念場のようです。

中込飲食街はこれからも地方の怪しいスナック街として続けて欲しいです。

関連記事

【世界遺産】豪華なる金色堂!それ、中尊寺!【平泉】
【世界遺産】豪華なる金色堂!それ、中尊寺!【平泉】

本日のホテルもチェックアウトは11時。ギリギリまでホテルに滞在します。 そして牛タン弁当を食べます。仙台に来た...

 
地権者とのトラブルで17年間通れなかった「シーサイド道路」
地権者とのトラブルで17年間通れなかった「シーサイド道路」

本日は銚子市より銚子大橋を渡り茨城県の神栖市に向かいます。 千葉と茨城の県境にある利根川。この付近は対岸に渡る橋が...

 
【心を燃やせ】鬼のいない村「鬼無里」【紅葉伝説】
【心を燃やせ】鬼のいない村「鬼無里」【紅葉伝説】

飯綱山の麓にある「長野フォレストヴィレッジ 森の駅 大座法師」にいます。 こちらの施設は2022年4月...

 
【尼崎】消滅の危機がある三和市場とかんなみ新地
【尼崎】消滅の危機がある三和市場とかんなみ新地

先日は今里新地に行きました。あと残り二つを回れば大阪五大新地制覇となります。残りは滝井と信太山。滝井に関しては五大新...

 
【YOUは何しに?】ボートレースだけではない!はじまりの地・大村市
【YOUは何しに?】ボートレースだけではない!はじまりの地・大村市

大村市の方に来ました。 大村市はキリシタン大名と言われた大村純忠が統治していた場所です。そのためキリシタンの史跡がいくつか...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS