山林生活

遊郭と花街と赤線街 北関東最大の宇都宮にある色街「江野町花街」

遊郭と花街と赤線街 北関東最大の宇都宮にある色街「江野町花街」

[更新日]
[著作者]

こちらは東武宇都宮駅です。JR宇都宮駅と東武宇都宮駅はちょっと離れており、直線距離で1.5kmほどあり、歩くと20分以上かかります。

宇都宮駅ができたのは1885年。その当時街の中心は宇都宮二荒山神社付近でJR宇都宮駅は中心地の西側につくる予定だったそうです。しかし地元民から反発があり、田川を渡った先に駅を作ることになりました。当時の鉄道は蒸気機関車。黒煙を吐き出す列車が近くを通るのを避けたかったのでしょう。地図で見ると東北本線が宇都宮手前で東にそれているのがわかります。

東武宇都宮駅ができたのは昭和になってから。1931年に刑務所の跡地だったとことに駅ができました。黒煙をまき散らさない電車なので町の中心に駅ができたのでしょう。
駅の近くは栄えており飲み屋街や性風俗街があります。元々遊郭だったところが性風俗街になるもんですが、宇都宮では成り立ちが少し異なるようです。

宇都宮には宇都宮城址公園の南側、河原町に宇都宮遊郭がありました。

現在は普通の住宅街となっています。
住宅街なのに道が広いです。遊廓の大門通りだったところでしょうか。

亀遊郭とも呼ばれていた宇都宮遊郭。住所は河原町ですが亀井ヶ丘公民館があります。宇都宮城は通称「亀ヶ岡城」と呼ばれていたそうです。城の作りが亀のような形だからそう呼ばれたんだとか。

こちらは少し古めの建物。しかも普通の家ではなさそうです。建物は朽ちていますが構造物はしっかりとしたもの。そして公明党のポスター。これは妓楼だった名残りっぽいですよね。

遊廓の名残りはなく、電柱に「新地」の字があるだけです。

ちなみに近くにはしんち食堂って店があります。
「ソーホマレ」とカタカナで書いてある字が「ソープ」に見えたのは私だけじゃないはず。

遊郭は街の風紀を乱します。そのため中心地から少し離れた場所に作られたのでしょう。しかし遠くに作ると通うのが億劫になります。そんなわけで中心地に非合法な私娼窟ができたそうです。場所は中河原町、中央5丁目、一番町、二番町、二荒町のあたり。

俗にいう銘酒屋と呼ばれる私娼がいる料亭が集まる地域で剣宮町にあったことから「剣の宮」と呼ばれていたそうです。料亭は約100軒、酌婦は約200名、釜川を挟んで軒を連ねていたそうでちょうどこのあたりでしょうか。店舗数も多く人気があったそうで宇都宮の不夜城といわれていたそうです。

現在は釜川プロムナードという遊歩道になっていますが、その当時は別の遊び歩くスポットがあったようです。

剣の宮の私娼窟以外にも宇都宮はカフェーが乱立していたそうで、その数はかなりあったそうです。

宇都宮は本土空襲により焦土と化すも二年後には復興したそうです。しかし売春防止法施行後に赤線街は解体。徐々に店は閉じていきました。現在、遊廓・赤線街だったところにはその手の店はなくなりました。

こちらは江野町横丁というところです。東武宇都宮線のすぐそば。この辺りはかつて花街だったそうです。宮の花街といわれ北関東随一の規模だったんだとか。

だいぶ朽ちていますが逆にこの雰囲気はたまりません。こんなボロボロの路地裏ですが営業している店が何軒かあります。

抜けた先はただのソープ街。

芸は売っても身は売らぬ。芸で稼ぐから芸妓なわけで、そんな芸妓がいる花街だったのにも関わらず、体は売っても心は売らぬ娼妓の街に成り代わってるんです。これはやはり芸妓もそういったことを生業にしていたのでしょうね。

遊廓があったところは住宅街へ、私娼窟だったところは商業地へ。そしてなぜか花街だったところが特殊浴場街になりました。

最近ソープ街に行くと必ず見かける水色の看板。

彼女感は大宮で見ましたね。こちらもグループ店のようです。

風俗街のど真ん中。カタギじゃなさそうな組織が入居してそうな雑居ビル。
ブルーハワイ。何の店なのかはわかりませんが、キャバレーかサロンっぽい店。恐らくロンドンと似たような業態っぽいですね。それにフレッシュエステ。性風俗街にあるエステ店。これはそっち系ですね。

っていうよりこの看板、

駅前にあったヤツと同じでした。看板に書かれてある女性の顔がちょっとだけ違うけど構図がほぼ同じ。値段も一緒だし、話題沸騰の究極指圧。

古めかしい喫茶店があります。純喫茶のようです。かつての日本には酒を提供したり性を売りにする喫茶店が乱立した時期がありました。それらの店と一線を画すため、酒も女も提供せず純粋にコーヒーを喫むための店を「純喫茶」と称したそうです。まさに性風俗街には必要な表記でしょう。

こちらにも古めの建物があります。紫烟(しえん)と扉に書かれてあります。名前だけだとシガーバーっぽい。

この建物にはカフェーの鑑札がついています。かつては純じゃない喫茶、不純喫茶だったんでしょうね。

池上町と江野町のあたりに特殊浴場がまとまってあります。かつては市内のあちこちにあった風俗店も売春防止法後は一カ所にまとめたんですね。これで宇都宮の風紀は乱れないのでしょう。

こちらはカトリック松が峰教会です。栃木産の大谷石を使った教会で1932年にできた聖堂です。宇都宮大空襲で罹災しましたがその後再建され、国の登録有形文化財となっています。

日本の廃娼運動はキリスト教団体が中心となって行われたようです。栃木は廃娼県ではないものの隣接する福島、群馬、茨城、埼玉は廃娼県でした。遊廓のあった場所がソープ街とならなかったのはこちらの教会があったからなのかもしれませんね。

でもなぜか教会の目の前にポツンと一軒ソープ。

江野町の一カ所に集まっているもんだと思ったら一軒だけ宮園町にもありました。現在近隣は駐車場になっていますが、確かこの近辺は性風俗街だった記憶があります。ボロボロのバラックみたいな建物があり、すごい怪しい街でした。でも現在それらはなくなったようです(まだ残ってるけど)。

そう。宇都宮はけっして一カ所に性風俗店が集まっているわけではない。かつての宮園町はもっといかがわしい店がありました。そもそも宇都宮駅の東口にも西口にもピンサロがあるし、東口には違法スナック店や違法エステがあります。
さらには駅から離れたところにも存在します。
全然一カ所にまとまってないんです。宇都宮は戦前の頃と何も変わってなく市内のあちこちに性風俗店が存在するようです。

選び放題の宇都宮。さすがは北関東最大の街と言われるだけあります。

関連記事

【車中泊しない旅】まだ寒いのに東北へ車で旅してみる
【車中泊しない旅】まだ寒いのに東北へ車で旅してみる

千葉に山林を買ってある程度の期間が経ちました。まだまだ山林の造成をしている最中。やるべきことは多いのですが重い腰が上...

 
マタギのソウルが燃えたぎる!ハンターの聖地「白神山地」へ
マタギのソウルが燃えたぎる!ハンターの聖地「白神山地」へ

珍しく本日は朝食を食べています。 これまで素泊まりでした。朝に弱く朝食を食べる習慣がそこまでありません。素泊まりで...

 
札幌の山岡家には味噌ラーメン専門店がある
札幌の山岡家には味噌ラーメン専門店がある

札幌といえば札幌ラーメンですよね。散々食べました。何かといえば札幌ラーメンでしたからね。家でも大体札幌ラーメンだったんです。...

 
宮崎空港に強制スポーンされたけど生きて帰る旅
宮崎空港に強制スポーンされたけど生きて帰る旅

自分で決めずに他人に行先を選んでもらう。しかも旅行当日空港で。 こんな行き当たりばったりの旅も楽しそうなので実際に...

 
令和の伊能忠敬「ゼンリン」による地図の博物館「ゼンリンミュージアム」
令和の伊能忠敬「ゼンリン」による地図の博物館「ゼンリンミュージアム」

せっかく小倉にいるので小倉城でも見に行こうと思います。 小倉駅から小倉城に行くためにはこの怪しい路地を...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS