山林生活

【変化する危険な街】東京のスラム街と言われた蒲田の今

【変化する危険な街】東京のスラム街と言われた蒲田の今

[更新日]
[著作者]

久しぶりに蒲田に来ております。

川崎には色々お店がありますが、川崎と蒲田はやっぱり違うんですよね。そんなわけで川崎に住んでいたころは頻繁に来ていました。
ちょっと遠いけど歩ける距離なんで終電後まで飲んで徒歩で帰宅をしたこともありました。蒲田には安くてうまい飲み屋が多くあったのです。

しかし住まいが変わるとなかなか行かなくなります。新宿に移り住んで以降、蒲田へは羽田空港に行く際の乗り換えでしか使わなくなりました。つまり10年以上蒲田に来ていなかったようです。あれから10年。蒲田はどのように変わったでしょうか。

降りたのは京急蒲田駅。京急蒲田駅とJRは少し離れています。距離は800m。歩くとちょっとあります。以前からJR蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ「蒲蒲線」の話が何度も出ていました。そこがつながれば羽田空港にもアクセスしやすくなります。しかし土地買収やら建築費の問題で実現はされないのでしょう。
蒲田に通っていたころは、飲みに行くとなるとJR蒲田駅前の飲み屋街でした。そのため京急蒲田駅を下りたのは多分今日がはじめてです。

これよりJR蒲田駅方面に歩きます。

こちらは柳通りというところ。そういえばアーケード脇に怪しい飲み屋街がありました。

雰囲気はスナック街のようなところです。昭和の雰囲気がありますが、だいぶ静かです。

飲み屋街ですが町内にはホテルがあります。多分ここは赤線街だったっぽいですね。明確ではないそうですが、昭和初期の頃にこのあたりに遊郭が出来たんだそう。戦後は赤線地区となり、今の雰囲気はその時の名残りなのでしょう。赤線地区だったのであればホテルがあるのも納得できます。売春防止法後も連れ出しスナック的な店があったのでしょう。そういえば蒲田に住んでいた友人が「呑川沿いには立ちんぼがいる」と言ってました。そういった地域なんでしょうね。

こちらがJR蒲田駅の東口側です。このあたりの飲み屋によく行ってました。

こっちにもホテルがあります。こっちもそういった場所だったのかもしれません。

ここの飲み屋街、以前はピンサロやキャバレーがありました。

ここのコインロッカーはずっとありますね。なんかヤバそうな雰囲気があります。

もとピンサロだったところ。現在はチャイナエステ店になっています。

たしかここにグランドキャバレー「ミカド」があったところです。現在はビジネスホテルに変わってしまいました。はじめてのグランドキャバレーがミカドでした。しかも閉店する少し前のころ。銀座「白バラ」、赤羽「ハリウッド」などここ数年で一気にグランドキャバレーがなくなってしまいました。現存するグランドキャバレーは熊本に一軒だけなんだとか。そちらもいつまで続けてくれるかわかりません。今度の旅先は熊本に決まりですね。

キャバレーやピンサロだけでなく他の店舗も10年経つと変わっていますね。昔は怪しさ満点の通りでしたが、だいぶ落ち着いています。今でも飲み屋がありますが、普通の居酒屋とキャバクラがある程度になっています。

ここの居酒屋はまだ健在でした。ここのイワシのなめろうが美味しいんです。
創業300年と書かれた看板。看板は大分古い感じだし、多分私が通っていたころからこの看板だと思うんです。そろそろ創業315年になるんじゃないでしょうか。

一本裏手の通りは、日本ではない雰囲気です。アジア感満載ですね。

昔の蒲田の雰囲気がまだ残ってます。このあたりのチャイエスでタケノコ剥ぎにあったのはよい思い出です。

蒲田駅前にはモヤイ像があります。渋谷だけのものだと思ったら、それ以外の場所にもあるんですね。
モアイ像ではなくモヤイ像。「舫い」からきてるんだそう。以前は二体あったそうですが、現在は一体のみ。残りの一体は青森にあるそうです。

蒲田駅西口に来ました。昔はかなりディープな雰囲気でしたが現在はキレイな街並みとなっています。

でもまだ少しだけ昔の飲み屋街の雰囲気が残ってますね。工学院通りです。

大学があるためお店も学生仕様となっています。

昔は中国人パブ的な店が多く、いわゆる連れ出しパブが何軒かありました。蒲田といえばチャイナかコリア。あの頃は日本の雰囲気はゼロでした。
そんな感じでしたが今は大分落ち着いています。
ヤバそうな雰囲気だったのは今から15年くらい前の話です。その当時の蒲田はマジで危険な街でした。実際にやばい人がいて、ヤバいことも起きていたのでしょう。

ここ、現在テナント募集となっていますが以前は漫画喫茶がありました。憶えている人もいるかもしれませんが蒲田にあった漫画喫茶にはオウム真理教の高橋克也が潜伏していたところでした。
新宿や渋谷といった中心地ではないけど結構栄えていて人の往来が激しい蒲田。潜伏先としてはよい場所だったのかもしれませんね。川崎も身元不明の人が多くいるので潜伏しやすそうです。

蒲田はこんな感じで治安が悪かったのですが、今は少しずつ改善されているようです。

東急池上線のガード下。
バーボンロード、東急駅前通りという飲み屋街で、スナックやバーなど小さな飲み屋が軒を連ねていました。

店は変わっていそうですが、飲み屋街は残ってます。思い出横丁とゴールデン街を足したような場所です。

せっかく蒲田にいるのでお風呂に入っていきます。蒲田は黒湯で有名な温泉地です。

駅から少し離れますが「蒲田温泉」という公衆浴場があります。本日はこちらにお邪魔しました。

雰囲気は下町をイメージする銭湯です。人気のようで結構混雑しています。銭湯価格で入れる温泉は貴重です。川崎も蒲田に近いため同じように黒湯がある銭湯が何軒かありますが、蒲田の方が黒さが濃いですね。白湯と高温の黒湯と低温の黒湯があります。低温といっても42℃です。高温は45℃くらい。45℃のほうは熱くていい感じですね。サウナも水風呂も小さいけれどこれで構いません。混んでたのでゆっくりできませんでしたがいい湯でした。

蒲田は居心地がいいですね。ご飯を食べようと思いましたが、良さげな店を見つけられないし、寒いんで今日は食事をせずに帰りました。また今度蒲田に行ったときはもっと刺激的な場所に行きたいと思ってます。

関連記事

東京23区唯一の自然島「妙見島」は宿泊できるリゾートアイランド
東京23区唯一の自然島「妙見島」は宿泊できるリゾートアイランド

浦安駅近くから東京へ向かう際は駅南側にある東西に延びるやなぎ通りを西へ走ります。旧江戸川に架かる浦安橋を渡ることで東京都江戸...

 
【歌舞伎町】裏DVD村の現在の姿
【歌舞伎町】裏DVD村の現在の姿

DVD、DVD...。DVDいかがですかー。 歌舞伎町のさくら通り付近を歩いていると必ず声をかけられます。声をかけてく...

 
【品川宿】生命の終焉の地「食肉市場」と「鈴ヶ森処刑場」
【品川宿】生命の終焉の地「食肉市場」と「鈴ヶ森処刑場」

日本橋から少し離れたところで自転車を借りれました。これより東海道で京都に向かいます。しかし借りた自転車のバッテリー残量が少な...

 
ビルの隙間に住む人たち。ホームレス村の住人こそ新宿の目
ビルの隙間に住む人たち。ホームレス村の住人こそ新宿の目

こちらは新宿の地下街にあるパブリックアート「新宿の目」です。アーティスト宮下芳子さん制作のレリーフです。 ...

 
地獄谷にのんべえ横丁。再開発で消える大森飲食街
地獄谷にのんべえ横丁。再開発で消える大森飲食街

こちらイトーヨーカドー大森店です。 現在のイトーヨーカドーがあるところにはアサヒビールの工場が...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS