山林生活

インド陸路入りは観光ビザが必要なため事前に取得した話

インド陸路入りは観光ビザが必要なため事前に取得した話

[更新日]

これまで海外に何度か行ったことがありますが、全て飛行機でした。羽田や成田から飛行機に乗って現地につき、イミグレーションを抜けて入国する。何の不便もありません。とくに日本のパスポートは優秀で、旅券さえあれば入国できるという素晴らしいものなのです。他の国の場合はビザが必要だったりするわけです。昔インドネシアに行ったときにビザが必要だったことがありましたが、それも空港で全て手配ができます。そんなわけなので大使館や領事館に行くことなんてありませんでした。
しかし今回、インドに行きます。インドはビザが必要です。空路の場合は空港でビザ発給を受けられますが、陸路の場合それができません。ミャンマーからインドに向かう際、ミャンマーにあるインド大使館でビザの申請が必要なわけです。
ただでさえビザの申請をしたことがなく理解していないのに、ヒンドゥー語とミャンマー語が飛び交う中でたどたどしい英語でビザの申請が出来るはずがありません。そんなわけですので当方は事前にビザを取得しました。

ビザのやり方はほかの人のサイトを見ながらやってください。
すげーめんどくさいですが一度やれば楽です。

インドビザで必要なものは、写真とパスポートと申請書類、そしてお金です。申請書類に関してはインド大使館のサイトにあります。これを書くのが本当に面倒です。空港で手に入るビザは名前とパスポート番号と性別程度のことを書けばよいのですが、大使館で取得するビザはかなり細かく書きます。宗教や宗派のこと、家族のこと、パキスタンの入国履歴など、かなり細かなことを根掘り葉掘り。とくにパキスタンについては入国履歴だけでなく親族にパキスタン人がいるかどうかというところまで聞いてきます。戦争している相手なのでそうなるのも当然なのでしょう。もちろんパキスタン人であればビザは下りないのでしょうね。そして入国履歴があっても同じように下りないのでしょう。パスポートはICチップがついてるんだからそれ見ればわかるじゃねーかっていう情報を全て書かなければなりません。どうやらこの申請書に少しでも間違いがあればビザ申請が下りないんだそう。

またインドへ入国する際、そして出国する際の航空券チケットが必要です。
今回は陸路でインドに入るわけですが、そもそも入国に関して陸路ではいることを前提にしていません。日本は島国なんだから飛行機で来るのが当然という考えからなのでしょうか。飛行機のチケットがなければビザが手に入らないんです。そのチケットに関してもflydubaiを使うという方法でどうにか回避します。これについてもほかのブログを見たほうが分かりやすいでしょう。要はキャンセルのできるチケットを取得してそれで押し切るという方法です。あくまでも乗るのを予定していた飛行機です。当然体調が悪くなり別の飛行機に乗り換えることだってあるでしょう。そういうわけなのでそこまで重要なものではないのだと思いますが、書類上必要なものなのでそれを用意しました。申請書の作成に一時間以上かかってしまいました。パスポートの記載事項を書いたりするだけなのでそこまで頭を悩まされることはないのですが、4ページほど書くことになるのでしょうか。書き終わって送信ボタンを押すとエラーが吐き出されることがあるんです。エラーになると書き直す必要があります。ただでさえ英語なので何が書いてあるかわからず指南書を見ながら書いてるのに、エラーによってすべてが消えちゃうためスゲー時間がかかるんです。途中、インドは諦めようかとすら思ってしまいました。そんな感じで試行錯誤しながらどうにか記入も終わりました。申請に必要な写真に関してはパスポート撮影の時に同時に撮りました。インドビザの写真はかなり細かな指定があるそうです。申請書、写真、航空券のコピー、そしてお金の用意が出来れば申請ができます。

郵送でもできるようなのですが、せっかくなのでインド大使館に行ってみました。

駅からほど近い場所にインド大使館はあります。九段下駅を2番で入口より出て靖国神社方面へ。日本武道館を過ぎた先を左折したところ、左手に千鳥ヶ淵緑道、そして右手に在東京インド大使館があります。

インド人を右に!

大使館はバンコクで日本領事館に行っただけ。初めて他国の大使館の中に入ります。バンコクの時は手荷物の中身をみせたりしたわけですが、インドは比較的大らかな感じがします。日本国内にあるからなのでしょうかね。ビザの申請は朝9時~11時の3時間だけ。結構タイトです。その割に申請する人が結構います。オープンする15分前には到着していたのですが、それでも10人以上前に並んでいました。書類を提出し1500円ほど支払い写真を撮って終了です。数日後には受け取れるということでした。

ヒンドゥー語どころか英語すら喋れないのに大丈夫か不安でしたが、日本国内にある大使館は基本的に日本語対応可能でした。日本人スタッフもいるし、インド人っぽい人も多少日本語が話せるようです。これだったらほかの国でも問題なさそうですね。

人によっては拒否されることもあるようです。受け取りは16時~18時の間。さらに短い時間です。当方は難なくビザ申請が下りましたが、申請が下りていない人もいました。こんなわけなので早めに申請はした方がよさそうですね。出発ギリギリでビザが取れないなんてことになるかもしれないわけですからね。
今回取得したビザは観光ビザです。有効期間は180日間となっています。その間インドには何度も出入りができます。インドに出たり入ったり出来るわけです。インドの空港でビザを取得するとなると期間も短いし25ドルくらいかかるのでしょうかね。それに比べると半年間有効となる観光ビザは安くて良いのでしょう。ビザのイメージって2万円とかかかるものだと思っていましたがこの金額なのであればタイとかのビザを取っといてもよさそうです。たぶん入国もビザがあるためスムーズなんだと思います。

さて、インドには行けるのでしょうか。

関連記事

【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻
【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻

七宝老街から歩いて地下鉄七宝駅へ。そのまま電車で移動します。地下鉄の乗り方というのもだいぶ手馴れてきました。北京でもそうでし...

 
【ラオス】何もなくはない!ビエンチャンの観光とグルメ
【ラオス】何もなくはない!ビエンチャンの観光とグルメ

ラオス二日目です。 二日目といっても昨日はただ到着しただけです。20時頃に到着。SIMカード作ったり両替したりと最低限のこ...

 
赤バスに水上バス。バンコク市内最後の観光【耳かき探し】
赤バスに水上バス。バンコク市内最後の観光【耳かき探し】

朝食付きのホテルですが起きるのが遅くて終わっていました。 12時前にチェックアウトし、バス停にきました。これよ...

 
【ラオスの最終日】ワッタイ空港までの行き方【ビエンチャン】
【ラオスの最終日】ワッタイ空港までの行き方【ビエンチャン】

ホテルのチェックアウトは12時。しかし飛行機が出るのは20時過ぎ。8時間ほど時間を潰さなければなりません。本来であればレイト...

 
もう、中国を抜けだしたい。新幹線で南へ。
もう、中国を抜けだしたい。新幹線で南へ。

“紫禁城前”を後にした当方は地下鉄を乗り継ぎ北京南駅で降りました。これより中国式新幹線に乗り北京から飛び出します。当初の予定...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.