山林生活

【北京観光】中国で本当の中国料理を食べてみた

【北京観光】中国で本当の中国料理を食べてみた

[更新日]

朝から精力的観光をしたため疲れてしまいました。食事も機内で食べた焼うどん的なものだけです。そろそろ腹を満たしたいです。そう思っていたところ客引きに声をかけられます。近くに世界遺産の紫禁城もあり天安門もあります。観光客も多く訪れるのでしょう。観光客が来るということはその客を目当てにした店が軒を連ねるわけです。この手の店はプチぼったくりというのが基本ですが、おなかも空いていました。

この客引きは信用できるのだろうか?これまでついていったのは「お兄さんマッサージいかがですか?」と言ってくる中国人くらいです。今回はマッサージではなく食事です。まぁ多少ぼったくられたとしてもそれも観光の一つのイベントです。そこまで気にせずに店に入ります。

渡されたのはメニュー表ですが漢字と値段が書かれているだけのものです。これ、外国人殺しですよね。とくに欧米人には何が書いてあるか一切わからないでしょう。しかし日本人は漢字文化があります。なんとなく書いてあることが分かるのです。ここに来るまでにセキュリティチェックや入国審査などで中国人と触れてきました。一切何喋っているのかわかりませんが、書いてあるのは雰囲気でわかります。

「水餃」と書かれたメニューがあります。恐らく水餃子的なヤツなのでしょう。中国といえば餃子です。餃子は大阪王将か京都王将くらいでしか食べません。ここは本場の餃子を食べたいじゃないですか。
値段は29元と書かれています。1元17円ほど。つまり500円程度でしょうか。餃子1~2人前くらいの量なんでしょうかね。でもここは観光地です。実際は少ない量なのでしょう。そのためか店員は「ほかはいらないのか?」といった感じの様子でわからない中国語で話しかけてきます。
当方は腹が減っている。今であれば比較的食べられそう。頼んだものがもし少なかった場合、悲しいではないか。ということで「粥」と書かれたものを頼みました。こちらも恐らくお粥のことだと思います。中国人の朝食といえばお粥ですからね。米食である日本人にも適しているのでしょう。ちなみにお粥は1杯2元と格安です。

まさにこれが正真正銘の中国人が作る中国料理です。

若干黄色いのは粟かなにかが入っているのでしょうかね。それとも米が黄色いのでしょうか。味はお粥です。プレーンタイプなので米の味しかしません。できれば付け合わせがあるとよいのですが、水餃子は茹でているようなので時間がかかるようです。
塩気が欲しい。そんなわけで回りを見ると塩っぽいのがありました。
塩をかければ大概のものは食べられるようになります。お粥も塩をかけることで米の甘みが引き立ちます。

これ、砂糖でした。

文化の違いなんでしょうかね。日本人はなにかと塩を入れたがります。お粥にも塩入れればそれだけで食べられます。でも味のないお粥でしたが食べているうちに美味しく感じてきました。結局は慣れなんだと思います。ちょっとだけ砂糖を足されたお粥でしたが、おはぎだってお米でつくるわけです。お粥に砂糖を入れるのも間違いないはず!

そして水餃子が届きました。

量が多いヤツ!

餃子一個のサイズは小さい感じですがそれが20個ほどあります。小さいように感じますが生地は肉厚なんです。中国では餃子は単品で食べるものでご飯のおかずではないというのがこれを食べてわかりました。ほぼ肉まんに近い生地の厚さです。要は蒸したのが肉まんで茹でたのが餃子といった感じです。当然一人でこの量は食べられず申し訳ないですが残してしまいました。次からはもう少し考えて頼みたいと思います。

ホテルのチェックインは14時。まだそれまで一時間ほどあります。ホテルのそばに観光スポット的なところがあったのでそちらに立ち寄ります。チベット仏教の流れを汲んでいる寺院のようです。

デポジット100元と利用料50元を払えば日本語で案内してくれる機会を借りることができます。紫禁城や万里の長城は見てわかりますがこういう宗教施設は案内がないとわかりません。とりあえず翻訳説明機を借りて中に入ります。

なんだかえらいお坊さんがいるようでこの場所がチベット仏教とつながりがあるのだとか。この辺の話をある程度知っていれば楽しめるのでしょうが学の無い当方にとっては「仏像がいっぱいある寺」という感じでしかありません。

チベット仏教と中国のことがわかったところで宿に移動します。道中、公衆トイレに立ち寄りました。

ふつうの住宅街などに公衆トイレがあったりするんです。日本のようにコンビニやパチンコ屋で気軽にトイレを借りれる環境ではありません。今回も百貨店に寄ったりしてトイレを済ませていました。でもこんな感じで街中にトイレがあるっていうのは観光客にとってうれしいものです。いつでもトイレに行けるなんて最高の観光地ではないでしょうか。北京も観光地化が進んでいるようです。

全く外国人を受け入れる気がない北京。

話には聞いておりましたが、このオープンスタイルで用を足すのは観光客には厳しいです。まず紙がないです。そして隣の人と近いです。個人的にはトイレ一つでいいから設備を整えてほしいです。これ、4つ並べてもゼッタイ4人で入らないでしょ。連れションに誘ったらそういう性指向なんだと思われてしまいそうなくらい距離感が近いです。チンチン見られる分には気にしませんが、気張っているところを見られるのは苦痛ですね。山林では野ぐそですが、人がいないからできるわけです。これより行く先々でこんな感じのトイレが増えてくるんでしょうね。

本日の宿泊先は普通のホテルです。

さすがに出だしから赤の他人と一緒の部屋で寝られるほど当方のメンタルは強くありません。金銭面から先々ゲストハウスなどに泊まることになるのでしょうが、今はまだ普通のホテルに泊まります。普通といっても比較的安いところを。ネットで検索して300元のホテルがありました。約5000円といったところでしょうか。日本の安めのビジネスホテルくらいの値段です。2000円程度で泊まれるところを探していたのですがあいにく見つからず。中国の宿泊費は日本と大差ない感じのようです。

部屋のサイズなどはごく普通。お湯も出ます。シャワーの威力は弱いです。Wi-Fiのつながりがあまりよくありませんが、それ以外はおおむね問題なしといったところでしょうか。

昨日の日中から寝ていません。そして散々歩きました。もうお腹いっぱいです。やるべきことは明日に回し今日はゆっくりしたいと思います。明日は今日いけなかった紫禁城に行く。そして万里の長城も行きたいですね。そんなわけであとはコンビニで夜食を買ってこようかと思います。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
広州ダンジョン。泊まるはずのホテルが消えていた
広州ダンジョン。泊まるはずのホテルが消えていた

上海から中国の新幹線で7時間ほど。およそ1000kmほどでしょうか。降り立った駅は広州南駅です。当方は別にこちらの駅で降りた...

 
なか゛いたひ゛か゛ はし゛まる..。
なか゛いたひ゛か゛ はし゛まる..。

このページが更新されているころ、当方は中国のどこかの都市にいるだろう。 行くんだよ。天竺を目指すたびに。 なんと...

 
【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻
【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻

七宝老街から歩いて地下鉄七宝駅へ。そのまま電車で移動します。地下鉄の乗り方というのもだいぶ手馴れてきました。北京でもそうでし...

 
三蔵法師って家来に全て任せて馬乗ってただけでしょ?
三蔵法師って家来に全て任せて馬乗ってただけでしょ?

三蔵法師は天竺まで行き、ありがたい経典をもらいました。長い道のり、当時は公共交通機関というものはありません。唯一シルクロード...

 
誰でも気軽に天竺に行けることを立証する旅
誰でも気軽に天竺に行けることを立証する旅

今回中国のどこかの都市より天竺、つまりインドを目指す旅に出ることとなりました。けしてブログ記事を書くためだけにこの旅を選んだ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.