山林生活

海外で旅行しながら生活はできるのだろうか

海外で旅行しながら生活はできるのだろうか

[更新日]
[著作者]

日本への帰国が近くなってきました。日本はまだ寒いんです。できればこのままタイに滞在したいですが金銭的なことや日本でやるべきことなどがあるため帰国しなければなりません。

本日のご飯はカレーです。やっと頼み方がわかりました。いんげんのカレーと豚肉とジャガイモのカレー。それに卵です。要は経済飯(エコノミーライス)と呼ばれるもので総菜を選んでご飯にぶっかける汁かけごはん的なものです。値段も安く色々選べます。そのため現地の人はだいたいコレを選んでいる感じです。20種類くらいある中から選ぶので選択肢は5000通り以上になるわけです。毎日違うのモノを食べられるわけですから必然的にこれになってしまうのはしかたないのでしょう。

不味くないしむしろこれを選びたい。しかしスパイスたっぷりなので辛いんです。
タイの食事に慣れてきて辛いものも食べるようになりました。当然辛いものを食べればお尻が痛くなります。でも美味しいので食べてしまうのです。一応お腹のことを考えて辛いものを食べた後はビオフェルミンを飲んでおります。効果があるかはわかりません。最初はスパイス強めのものを避けていたのですが、そこに居続ければ食べることになるのは仕方のないことです。東南アジアはスパイスの国ですからね。

ターミナル21のフードコートもだいぶ通い、いろんなものを食べることができました。またバンコクに来るときはここが拠点となるのでしょう。やはりトイレが綺麗っていうのは安心があります。一日や二日食べなくても生きていけますが、食べた場合は出るものが出るわけです。出さないまま一日過ごすことはできないわけです。必然的トイレは使用します。バンコク市内であれば紙がないくらいでどこに行っても衛生的なトイレなのでしょう。その中でもアソークやサイアムといった中心地であればトイレに困ることはありません。日本であればコンビニに駆け込めばトイレに行けますが、それができない海外。お腹の弱い私は犬のようにトイレスポットを探しながら歩き回っているのです。

食事を終えたらいつも通りカフェに移動します。今日もカフェラテです。

海外で旅をしながら仕事をしたい。例えばタイに一カ月滞在。その後ベトナムに渡って一カ月滞在。日本に戻って日本でしかできない作業をこなしながら一カ月滞在し、今度はインドに行って滞在する。このような生活を望んでいます。そうすれば冬の寒い時期は暖かいところで生活ができるわけです。現在の住まいを捨てて放浪する。今でいうアドレスホッパーといった感じでしょうか。でもただの住所不定、要はホームレスになるのでしょうが。
日本に拠点を持ち海外ホテル暮らしのような生活をするにしても生活費が必要となります。安ホテルに泊まりながら移動する形を取る場合でも宿泊費や食事代を合わせて最低でも一日3000円程度必要となるでしょう。一カ月で9万円。ホテルではなくマンスリーマンションのようなところを借りればもう少し負担は抑えられますがまぁ10万円は用意しておく必要があるでしょう。あくまでもこれは最低限必要なモノ。ちょっと贅沢したりするのであればそれ以上のお金が必要ですし、日本にいなくても車を所持していれば自動車保険や税金もかかります。ほかにも細々と請求されるものがあります。海外は食費が安いからそこで滞在しようという考えは、日本を捨てるくらいの意気込みがなければ安い生活は手に入れられないのでしょう。

私は日本を捨てられません。やはり日本食が好きですし、居心地がよいです。そんなわけなんで二拠点生活となるでしょう。結局はコストがかかるわけです。本気度の無い海外移住はただの道楽なだけです。当然骨を埋めるという気持ちは持ち合わせていません。

つまりお金が必要だということ。
その悩みを解決するべく今回海外に滞在したのですがとくに良い案は見つかりませんでした。絵を描く才能や写真技術があればその土地の絵を描いたり写真を撮って販売をするということができますがそのような才能は一切ありません。才能がなくても当たればいいんだということでラインスタンプのクリエイターズマーケットに以前登録をしましたが登録をしただけでその後何もしていません。そもそもスタンプを金を払って買ったことがない私がスタンプを作ったとして売れるはずがなく、それで生計を立てるというのは無理があるのでしょう。

でもこのように手に職があればどうにかなるわけです。例えばランサーズなどにライターとして登録しておけば文章を書く仕事も受けられます。当然語彙力が必要となるため私には無理ですが、文字を書いたり絵を描いたりができる人であれば海外生活も無理ではないのでしょう。

結局は才能がなければどうしようもないというわけです。

日本ですらまともな生活ができていない状態で海外に行ってうまく生活ができるわけがないでしょう。英語が話せる滞在している国の母国語が話せるというのであれば別ですが、そういった語学力もありません。

ブログやユーチューバーもやはり才能ありきなんでしょう。良いコンテンツを提供できなければPV数にはつながりません。以前のように小手先のSEOで順位を上げることができなくなっております。全てはサイト、動画のコンテンツ内容次第。つまらなければ見向きもされないんです。炎上させてPVアップを狙うとしても、炎上させる能力ってのも必要なんです。

結局は何も見つからず今後の方針も決まりませんでした。ただ今回半月ほど滞在したことで滞在コストや生活環境をどうすべきかというのが見えたというのは大きな収穫です。今回のことを基盤として今後の生活プランを決めたいと思います。

関連記事

タイのQRコード決済「TrueMoney Wallet」に登録してみた
タイのQRコード決済「TrueMoney Wallet」に登録してみた

AISのSIM2Flyを日本で使えば安く済ませられるんじゃないか?と思って色々試してみたのですが、ローミングサービスがそこま...

 
アソークからサイアム。バンコク中心地をぶらぶら
アソークからサイアム。バンコク中心地をぶらぶら

タイでは現在プラスチックゼロキャンペーンみたいなのをやっているそうです。しかもそのキャンペーンは今年からなんだそうです。そん...

 
バンコクの日本式スーパー銭湯「湯の森」のサウナでトトノウ
バンコクの日本式スーパー銭湯「湯の森」のサウナでトトノウ

2020年、コロナが日本で蔓延し、一時県境を跨ぐ移動の自粛要請がありました。東京都民は都内から出れず、神奈川県民は県内から出...

 
コロナが落ち着いたので微笑みの国、タイバンコクへ。
コロナが落ち着いたので微笑みの国、タイバンコクへ。

これからタイバンコクに向かいます。 普段であれば羽田空港から発つのですが、飛行機の関係で成田空港となりました。これもコロナ...

 
出発72時間前のコロナ検査をバンコクで受ける
出発72時間前のコロナ検査をバンコクで受ける

バンコクにはコロナワクチンを三回接種すればそれだけで渡航できます。私がバンコクに行ったときはタイランドパスへの登録と医療保険...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS