山林生活

‐西へ。-車中泊の旅壱日目-‐

西へ。-車中泊の旅壱日目-

本日より車中泊の旅をスタートしました。
今回は二人旅といことで、まず帯同者を迎えに行きます。
最初からつまづくのはよくないため、都心を抜けるために高速を使います。
予定では車中泊の旅で高速は使わないと心に決めたのですが…。

と、信念を曲げた?ルールを破った結果、神の怒りをかったのか、初日から悪いことが起きました。

まさかのETCが使えない。
よく見るとETCの機械が動いていない様子。
以前もETCのヒューズが飛んだので今回もそうなのでしょう。
仕方なく首都高速の料金を普通に支払いました。無駄な出費となりました。。。
しかも渋滞15キロという最初から躓いた状態です。

そんな感じで都内を出たのは午前9時。
ほんとであればもう少し早く出たかったのですが、急いでも仕方がないということでゆっくり目にスタートしました。
また、急いでも仕方ないので道の駅やら観光スポットを周りつつ、時間を気にせずに西方向に進んでいきます。
ゆっくり時間をかけて日本を周るのもよいものです。

そのため、今回の車中泊の旅はとくに目的や行き先を決めずに行こうと思っていました。
でも初日ぐらいは今後の方向性を決めるため、初日の宿泊場所を決めていました。
二日目は船で三重県に渡って伊勢神宮に行くことを予定します。
そうなると船で渡る前までは初日に到着しておきたいところ。そのため伊勢湾フェリーの出る伊良湖を目的地と考えておりました。

逆算すると、三島や沼津あたりを昼過ぎに通過。浜松あたりを夕方通過。夜が更けるころ伊良湖フェリー乗り場に到着。
夜はゆっくり車内で食事をして就寝するという考えでした。

しかし、都内を出発したのは9時過ぎ。その後かまくらに立ち寄り三島についたのは15時。

三島大社に立ち寄り、

三保の松原も見つつ…。
初めて世界遺産というのを意識して行きました。

へー。
ここが世界遺産なんだ~。すごいね~。
世界に認めれてるんだー。
普通の富士山が見える松林にしか見えないけどー。
やっぱ偉人さんが考えることは常人にはわからないんだなー。

掛川についたのは20時過ぎでした。。。
ここからフェリー乗り場までは100キロくらいでしょうか。
しかも雨が降り出し視界も悪いです。

初日なのに雨という最悪な天気。しかも台風も来ているという悪天候です。
暗い夜道を進んで事故ってもあれだなぁ…。と思い、この辺で宿泊を考えました。
しかしそもそもがフェリー乗り場まで向かう予定だった車中泊の旅。静岡県内の車中泊ができる場所なんて探してもいませんでした。

泊まる場所もそうですが、今日のご飯のことも考えなければなりません。
ただ、泊まる場所も決まらなければ食事の取り方も決まりません。

悩んだ結果…。

「炭焼き さわやか」

静岡といえばやっぱりここのハンバーグです。ファミレスっぽいけど凄いしっかりしたハンバーグを出してくれます。
静岡県民の国民食とかそんな感じで言われております。
しかも、寄った先は掛川インターのすぐそばではないですか。高速に乗ればサービスエリアやパーキングが利用できます。
さらには遅れを取った距離もここで巻き返すことができます。

これは神からの啓示ではなかろうか…。

ということで本日の宿泊先は遠州豊田パーキングです。
ルールをやぶり、まさかの初日から高速のパーキングエリアです。

だって、知らない道の駅よりもよく行くパーキングのほうが安心じゃないですか!しかもコンビニ完備。トイレありという好条件。
今日はこちらで決まりです。

このあとのことはまた明日お話しします。

伊勢湾フェリーで大海原へ愛知から三重へ移動-車中泊の旅弐日目-
伊勢湾フェリーで大海原へ愛知から三重へ移動-車中泊の旅弐日目-

初日は予定通り進まず。予定通りの場所に泊まれませんでした。 でも、それでいいんです。だってそんな旅だから。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
車中泊の途中で泊まるホテル選び-車中泊の旅陸日目-
車中泊の途中で泊まるホテル選び-車中泊の旅陸日目-

台風が近づいているのがわかります。風が強くなり時折強い雨が降っております。 車中泊の旅に出てから天候に恵まれておりません。...

 
車中泊の食事事情
車中泊の食事事情

安く済ませる!コストを抑えて!と言っておきながら初日からファミレスでハンバーグを食べていました。 そうです。とくに節約をす...

 
車中泊便利グッズまとめ
車中泊便利グッズまとめ

初めての車中泊で何を用意すればよいかわからないためとりあえず使えそうなものを集めてみました。 ■お湯を沸かす機材 ...

 
三度目の船旅愛媛→大分-車中泊の旅拾日目-
三度目の船旅愛媛→大分-車中泊の旅拾日目-

車中泊の旅も十日目になりました。半分はホテル泊という至って普通の旅となっております。 道後温泉の市営駐車場で車中泊。道後温...

 
車中泊。車内での明るさ確保。
車中泊。車内での明るさ確保。

車内灯があれば車内は充分。 普通に車を運転するだけなのであれば車の中で明かりを必要とはしません。 しかしそこで生活をする...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.