山林生活

‐四万十から足摺岬を経由し松山(道後温泉)へ-車中泊の旅玖日目-‐

四万十から足摺岬を経由し松山(道後温泉)へ-車中泊の旅玖日目-

[更新日]

昨日は少しのみ過ぎました。

車中泊の旅は車中泊時は車の中で寝るためお酒は飲みません。急に動かさなければならなくなる時とかあるんで車では飲まないようにしているんです。まぁまだ車中泊に慣れていないというのが本当の理由で、いつかは呑むようになるんだと思いますが、現在は休肝日となっております。

ホテルの時に飲むのですが、飲み屋に行くわけでは無く、スーパーなどでお酒を購入して飲む形です。
そのため飲む量は買う時に決めるため飲み過ぎることはありません。しかし居酒屋に行けば飲み続けるわけで…。一軒目のあと二軒、三軒と…。
チェックアウトぎりぎりの時間までホテルに滞在してしまいました。

車中泊の時は大体6時か7時過ぎには動いているのに、ホテルの時は長居をしてしまいます。

もう車中泊の旅は九日目になりました。
半分以上ホテルに泊まているため車中泊の旅?と疑問に感じる方もいるかもしれませんが、先々車中泊の旅とわかってもらえるようにしたいと思います。
とはいうもののホテルの快適さについつい車中泊ではなくホテルを選んでしまいます。
まぁまだ先は長いのでいずれ車中泊がメインとなるのでしょう。

今回、出発時からわかっていた台風が直撃しました。
そのため高知で足止め、その分進められていません。さらには想像していたよりも進むペースが遅いです。

予定ではすでにしまなみ海道を渡り広島を抜けているころなんですが、いまだに高知です。
このままのペースでは九州入りがいつになるかわかりません。

ゆっくり進めるのもよいのですが、時間をかけすぎるのも良くない。
いろいろと悩んだ末、ワープを使うことにしました。

しまなみ海道も捨てがたい。呉や尾道も行ってみたい。でもそこを周ると数日かかってしまいます。
愛媛からは九州に渡る船があります。これを使えば一気に大分に行けるわけです。

しかも70分ほどで。

今治から尾道、呉と周ってその後広島へ。山口に進み下関から福岡、そして大分と周った場合、恐らく4~5日ほどかかってしまいます。
立ち寄らずに直接大分まで行くのであれば一日で行けますが、それならフェリーで十分です。

しまなみ海道は行きたいポイントではありましたが、場所的にまた行けるところなので今回は断念し、フェリーに乗って九州入りをしようと思います。

明日、それをするためには今日中に愛媛入りをしなければなりません。
取り急ぎ四万十にきているため沈下橋に立ち寄りその後足摺岬へ。ちらっと見た後、そのまま宿毛市を抜け海岸線、山中を通り北上します。


橋だねー崖だねーくらいで済ませておかないと遅くなってしまいます。まぁ橋であり崖なんですが。前に一度見ているためそこまで感動はありません。でもこれで高知の両端に行ったことになります。先を急ぐため、見てすぐに引き返しましたが。

とりあえず北上です。よくわからない道をひたすら北に向かいます。

当方のサンバーにはカーナビがついていません。使用しなくなったipadに地図アプリを入れてカーナビ代わりに使用しています。ネットにつなげばGoogleマップとかも使えるのでしょうが、通信量の関係からオフラインで使用できる地図にしてあります。
その地図アプリが超絶使い物になりません。全世界対応の地図アプリなんですが、全世界対応だけあって各国の地図がすこしお粗末なんです。そのため少し使い勝手が悪いところがあります。道を間違えたりすることも多々あり、獣道のようなところに案内されたこともありました。前は階段を案内されたことも。。。
そんなわけで道なき道を勧められ、実際にウリ坊に今日遭遇するような山道に案内されてしまいました。

途中砂利道のような林道となり、クネクネ下道を走っていきます。
四駆のサンバーを選んでいてよかったとこの時思いました。しかし本当にこの道でたどり着けるのだろうか?確かに地図上では道はある。しかし実際道と呼ぶべき道路とは言えません。かといってもとに戻るのも時間がかかる、というよりUターンできそうにない。

そのため仕方なく道を進みましたが、最終的には迷子となりました。

急ぎ足で進めようとした結果、道に迷い遅くなってしまいました。そのため高速に乗り松山方面へ。本当であれば夕方くらいに道後温泉につき、温泉に入る予定でしたがかなり遅い時間になってしまいました。

明日はフェリーに乗ります。でもフェリー乗り場まで行くよりも栄えている松山のほうが安心だと思いまして。
松山で車中泊ポイントを探しているといいところを見つけました。

道後温泉です。
しかし温泉には入りません。もう遅い時間なので…。温泉街にある市営駐車場で車中泊をすることに。

道の駅ではなくただの有料駐車場です。

観光地のため有料ですが、朝まで停めておけます。また夜は静かです。トイレもあります。
車中泊の場所としてはかなり適しています。適しているからか、車中泊をしている同志がいました。
ここは道後温泉なので入浴施設もあります。しかし当方が松山についたのはかなり遅い時間。恐らく探せば開いているところもあるのでしょうが、めんどくさくなってしまいそのまま就寝しました。とくに今日はかなり走りましたからね。今日は翌日のフェリーのため400キロほど移動しました。しかも無駄に道に迷ったりしたせいで遅くなってしまいました。これだったら最初から高速道路で行けばよかったと後悔しています。

長距離運転ってやっぱり疲れます。それが慣れない下道なのであれば余計です。車中泊で旅をするときは一日200kmくらいで抑えるのが妥当な感じがします。とくに急ぐたびでなければ尚更でしょう。今回急ぎの旅ではないですが、あまりにも進むペースが遅いため急いでしまいました。今後はもう少しゆっくり進めたいと思います。

しかし四国って意外に広いんですね。九州はさらに大きいです。
九州はどれくらいで脱出できるのでしょうか…。

【国道九四フェリー】松山から大分にフェリーで渡る-車中泊の旅拾日目-
【国道九四フェリー】松山から大分にフェリーで渡る-車中泊の旅拾日目-

車中泊の旅も十日目になりました。半分はホテル泊という至って普通の旅となっております。 道後温泉の市営駐車場で車

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-
ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-

鳥取に入りました。当方これで沖縄を除くすべての県を訪れた形となります。 鳥取は仕事とかで行かない限り行く機会はないと思って...

 
車中泊でまたもや職務質問-車中泊の旅壱拾弐日目-
車中泊でまたもや職務質問-車中泊の旅壱拾弐日目-

昨晩、予期せぬ訪問者がありました。 警察です。 今回の旅で二回目の職務質問です。車中泊は五回目。つまり40%の確...

 
車内に置く冷蔵庫、クーラーボックス
車内に置く冷蔵庫、クーラーボックス

太古の昔...冷蔵庫は三種の神器と呼ばれておったのじゃよ。 車中泊であると便利なのが冷蔵庫。 都心では数百メートルご...

 
出雲大社から鳥取方面へ-車中泊の旅弐拾壱日目-
出雲大社から鳥取方面へ-車中泊の旅弐拾壱日目-

毛布があるためそこまで寒くありませんでした。 それでも半ズボンだと少し寒いですね。 今日この道の駅に宿泊した理由は出...

 
サンバーにソーラーパネルを設置する。
サンバーにソーラーパネルを設置する。

山に行かずにずっとサンバーをいじってます。 やっとです。 サンバーにソーラーパネルをつけたいなーと思ってから二年。...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.