山林生活

壁の穴を埋めて虫が入らないようにする

壁の穴を埋めて虫が入らないようにする

[更新日]
[著作者]

山林に住むと言いつつも住めるような状況にない小屋を修復し始めています。

ますは寸法を測ります。
当方どんぶり勘定なのでこの手の作業が苦手です。一ミリ短ければ隙間が一ミリ開くわけですからちゃんと測らないといけません。
かといって一ミリ長ければ反対に入らなくなってしまいます。このようにちょっとのズレが全てを台無しにしてしまうから嫌なんです。
しかしそんな言い訳は通じません。最終的には自分に降りかかる問題ですので粛々と熟していきます。

今回、小屋の問題は隙間です。かなり大きな隙間が空いています。
不動産を購入した時、小屋の中は鍵がかかって見ませんでした。そのためどのような状況なのかわかりませんでした。
外から見たところ、意外としっかりした建物だと思ったのですが、小屋の中に入ってみると隙間だらけでした。
そもそも日本家屋というのは隙間が多いみたいです。湿気の多い日本です。隙間風があると湿気がこもらないのだとか。
しかし、隙間があれば風だけでなくいろんなものが通り過ぎていきます。

虫です。

当方、虫が苦手です。山林生活をする上で「虫は無視できない存在」です。しかしせめて寝泊まりする空間は虫を遮断したいです。
湿度云々なんて言ってられません。虫を排除しなければならないのです。そうなると隙間を埋めていくしかないでしょう。
そのため隙間に補修材を入れていきました。

補修材も何やら種類があります。

シリコンパテ、木工パテ...。
ホームセンターに行ってとりあえずそれっぽい補修材を購入しました。
今回購入したのは以下のパテです。

まずは室内の補修。写真を見ればわかる通り、室内から外の景色が見えるような状態です。

これでは虫の巣になってしまいます。実際室内には蜘蛛、蟻、ゲジゲジ、謎の虫が徘徊しています。
今のところゴキブリは見ていませんが、そいつが出てくるようでしたら完璧に密閉したつくりにする予定です。

「朝蜘蛛は親の仇でも殺すな」

これを生かしておけというのでしょうか。
蜘蛛は益虫で他の虫を駆逐するとは言われますが、さすがにこのサイズの蜘蛛を野放しにしておくのは不安です。
とりあえず補修が終わるまではそっとしておきますが、全てが終わった時には出ていってもらおうと思います。

補修をすると始めたわけですが、思いのほかなおすところが多かったです。そのため志半ばで補修材がなくなってしまいました。
買いに行くといってもホームセンターまで30キロの道のり。往復60キロになります。
信号はありませんが山道のため往復するだけで一時間半ほどかかってしまいます。
やっぱり山林を購入するのであればホームセンターの近くがよいと痛感しました。
とりあえず作業はここまでにして続きは次回という形となりました。

これで虫が入ってこなくなればよいのですが...。

関連記事

【自作焼成レンガ作成】結局のところレンガづくりが楽しくて…
【自作焼成レンガ作成】結局のところレンガづくりが楽しくて…

千葉の南側だとしても冬になればやっぱり寒いです。早く小屋を完成させないと。 とりあえずスタイロフォームを天井、壁、床に入れ...

 
平成最後の山林開拓【大地を平らにする計画終了のお知らせ】
平成最後の山林開拓【大地を平らにする計画終了のお知らせ】

初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。 当方が所有する山林に生えている梅の...

 
サクラプロジェクト、ピータンプロジェクトのその後
サクラプロジェクト、ピータンプロジェクトのその後

山林に来ております。だいぶ間が空いてしまいました。寒いので山に籠りたくないという気持ちが強くなかなか行けなかったんですが最近...

 
山林生活におけるラジオの重要性
山林生活におけるラジオの重要性

娯楽がない。もちろん山林なのでそんなのは当然です。あるのは木と土。そして獣と蜂くらいです。 どろんこ遊びも毎日は飽きち...

 
【動画】蝉の声、鳥の声は一定レベルになるとただの騒音
【動画】蝉の声、鳥の声は一定レベルになるとただの騒音

田舎暮らしがしてみたい。 都会に住んでいるとこのような気持ちになることがあります。 人はないものねだりをするもので、田舎...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS