山林生活

【自炊】小屋暮らしで食事するために必要なモノ

【自炊】小屋暮らしで食事するために必要なモノ

[更新日]

車中泊では買い食いをしていました。それが出来たのは移動中にお店を見つけられるからです。道中のスーパーに立ち寄りご飯とおかずを購入する。場所によっては刺身などそこでしか食べれないものも手に入りました。しかし山林となると話が違います。
そこに滞在するわけですから近くの店で済ませなければなりません。残念ながら当方が所有する山林の近くには店がなく、一番近いところで10kmほど離れたセブンイレブンです。スーパーで買い物をするとなると20kmは車で走らなければなりません。往復40kmあり、リッター10kmのサンバーでは買い物行くのに600円ほどかけなければなりません。頻繁に買いに行くわけにもいきません。

そのため食事は自分で用意しなければなりません。つまり自炊ということです。自炊ができれば食材を買い置きし、調理をすればよいわけです。そうすれば頻繁に買い出しに行くことなく山林で食事が用意できます。

しかし調理器具もなくキッチンもない状態です。井戸は一応掘りました。でもその水は飲用に適しておりません。
生活をするためには調理できる環境が必要なわけです。そのため何とかして食事を作れる環境を整えます。

ここは山の中です。お伝えしたようにキッチンは無く水もまともに使えない。ガスも当然なく唯一電気があるくらいです。その中で調理をするとなればそこはやっぱりアウトドア的な感じがいいんでしょうね。

アウトドアといえばかまどに薪をくべて飯盒で米を炊く。鉄板でバーベキューって感じかもしれません。薪で炊いたご飯はさぞかし美味しいのでしょう。炭火で焼いた肉もうまいんでしょう。
かまどを作りグリルを作る。そんな夢物語を抱く中、購入したのは、

ガスコンロです。安心安全のイワタニ!

これがあればとりあえずは安心です。
一番手軽で調理もしやすいです。雨が降っても屋内で使用できます。薪を集めてどうのこうのするよりも楽でしょう。そもそも当方はアウトドアとかあまり経験のない人種です。薪を割ることもできず、そもそも集め方もいまいちわかっていません。火のおこし方や管理も経験なし。ガスコンロであれば簡単に火の調整が可能です。そして薪を集める必要がない。屋根のある場所があるのでこれが一番いいんじゃないでしょうか。

でも、やっぱりアウトドア感は出したいです。
山林生活というサイトタイトル通りやはりそれっぽいところは出したいものです。これぞアウトドアの神髄というところを見せつけたいんです。

ということで、

飯盒です。いかにもアウトドアって感じじゃないでしょうか。
ガスコンロでも使えるし、薪で作ることもできるんでとりあえず購入しました。飯盒なんて中学生以来使ってません。果たして炊くことが出来るのでしょうか??

あと車中泊で利用すると豪語し、結果利用していないアルポットも山林に持っていきます。これがあればお湯が沸かせるのですが、ガスコンロを使える環境にある当方にとっては何の役にも立ちません。今後も使わないのでしょう。

問題は冷蔵施設です。
車中泊の旅にはクーラーボックスを持っていきました。しかしそこまで重要とはされておらず、なんだったら不要でした。その理由はひとえに買い食いをしていたため。買ってすぐに食べるんだから冷やす必要もなかったわけです。しかし山林ではそうはいきません。そもそも買えないんだから。そうなると冷蔵施設が必要です。
かといってクーラーボックスは冷えるものを入れておかなければ機能しないためここでは役立たずです。そのため冷蔵庫を物色しました。

いろんな冷蔵庫があります。

恐らく一番よいのはこのタイプでしょう。氷も作れるので普通の冷蔵庫と考えてよいと思います。ただ値段が結構しますね。今回は見送ります。

そうなるとペルチェ式の冷蔵庫となってしまいます。冷やすというよりは低温を維持するためのものと考えておくべきでしょう。さすがに肉や魚を入れておくわけにもいきませんのでごく小さなものにします。どうせちゃんとしたやつが欲しくなるわけだし...。

ということでこちらを購入しました。色がピンクなのは翌日配送してくれるから。
すごい小さいです。缶ジュース4本程度しか入らないのではないでしょうか。サイトを見たところペットボトル500ミリが4本。缶ジュース35ミリが6本入るみたいです。実際に入れてみましたがかなりギリギリのサイズ感です。卵と納豆を入れればそれで満杯という感じでしょうか。卵も六つ入りのやつは厳しそうです。四つが限界でしょうね。本当であればビールとか冷やしておきたいのですが、ほかの食材を冷やすとなるとちょっと厳しそうですね。すごい小さいので冷蔵庫は持っていて部屋で飲み物を冷やすためのものといったところでしょうか。ないよりはましといったところだと思います。

でもこれである程度調理ができるようになりました。
米が炊けるのならば卵かけごはんが食べられます。お湯を沸かせられるならラーメンも可能。これらは買い置きができます。卵も冷蔵設備があるので生食もできます。
あと必要なのは鍋とヤカンぐらいでしょうか。包丁もしくは調理ばさみ。これくらい揃っていればとりあえず食事は作れそうです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
【花粉症】小屋暮らしや山奥暮らしにおけるスギ花粉について
【花粉症】小屋暮らしや山奥暮らしにおけるスギ花粉について

今月の目標である「山林に来る」を実行しました。 先月はラオスに行ったりしていたためなんだかんだで山林に来ることもありません...

 
固定資産税に係る家屋評価の実施について
固定資産税に係る家屋評価の実施について

納税は国民の義務である。 そのため当方はタバコや酒を買って呑んで応援をしているわけです。呑んで応援! でもそれ以外にも税...

 
【小屋建築】下水道法や建築基準法など、トイレ作りで規制がある
【小屋建築】下水道法や建築基準法など、トイレ作りで規制がある

当方の所有する山林の「お手洗い」は「お外」です。トイレをするところは人には見られたくない。だから周りを取り囲み、見えないよう...

 
杉の木から出る樹液?杉脂?って食べられるの?
杉の木から出る樹液?杉脂?って食べられるの?

当方が所有する山林はすでに小屋があり、ある程度開拓された土地でした。これらは前所有者が知り合いと共に開拓していったわけですが...

 
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする
壁の穴を埋めて虫が入らないようにする

山林に住むと言いつつも住めるような状況にない小屋を修復し始めています。 ますは寸法を測ります。 当方どんぶり勘定なの...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.