山林生活

電流電圧テスターでモバイルバッテリーの電流を確認する。

電流電圧テスターでモバイルバッテリーの電流を確認する。

[更新日]

せっかく買ったんだからいろんな電圧を計りたい。

なんでUSBのやつにしたんだろう。そんなに計りたいのだったら普通の電圧計を買えばいいのに?と言うのは無しです。これには男のロマンっていうのがあるんです。

挿すとなぜか電圧と電流が分かる。構造は知らんけど。

なんで計れるのか理解はしていませんが、とりあえずUSBの差込口があれば突っ込む。うんうん。計れてる~♪。それだけです。でもそれが重要なんです。当然USB差込口に挿すため基本的に5Vです。まぁ当然のことです。だって5V電源なんですから。でも、電流の具合がわかるのでそれを調べられるのはこの商品だけ!

これはエネループ二本の電源です。車中泊の際にこれで換気扇を回していました。車中泊の時はお世話になりました。換気扇の音は静かで快適な眠りだったんですが、静かだった理由は回って無かったってことなんでしょう。必要電圧が0.3Aってなっていましたので半分のちからで回っていたということです。電圧も低いですね。でも今後はこの乾電池式に頼らず、先日購入したソーラーチャージ付きのモバイルバッテリーの登場です。

やはり電流が低いです。
100円ショップのコードでは全く電流が流れておりません。0.3Aでは充電もかなり遅いですよね。トリクル充電ってやつでしょうか。シガーソケットを計った時も電流が少なかったです。でも、そもそもこのバッテリーの性能の問題?ということで違うコードを挿してみます。

問題は100円ショップのUSBコードのせいですね。安くて便利なんですが、充電速度が遅いとなるとちょっと使うのは考え物です。USBケーブルは大体何か買うたびに増えるものです。しかし、コードが邪魔なんですよね。でもこのリール型であればかさばらないわけですが、普通のやつはちょっと高めなんです。でも、安いのには訳がある。高いのには訳があるのでしょう。

せっかく2.4Aの出力があるのにそれを利用できないなんてもったいないです。しかもせっかく電流を計れる機器があるのにもかかわらず、商品の実力を知れないなんて。

ということで購入です。

100円ショップの三倍の値段がするリールケーブルです。100円ショップのやつが0.3Aなんだからこれを買えば0.9Aは出てくれないと困ります。

5倍の電流量となりました。電流で計算すればお得ですね。
電流量が多くなればその分早く充電できます。2Aは出そうな感じです。今後は100円ショップに頼らず、しっかりとしたものを購入していこうかと思います。
100円ショップっていろんな商品がありますが、値段相応ってことなんでしょうね。便利グッズだと思っても結局は劣化版なわけで、結局は別の所で買う羽目になってしまいます。
今回のUSBケーブルがその代表的な例でしょう。電子機器はその手の店で買うのがベストなんだと思います。

今回、いろんなUSBを計測しました。でも恐らくこの電圧計測器、もう使うことはないのでしょう。
そんなにUSB差込口ってあっちこっちにあるわけではないですからね。
電流が分かったとしても最終的には肌感覚に頼るしかありません。

関連記事

【バックパック】20Lリュックから選ぶならコレかな【海外旅行】
【バックパック】20Lリュックから選ぶならコレかな【海外旅行】

ここのところ毎日のようにネットでバックパック、リュックを見ております。早く海外旅行に行きたいという気持ちがあるものの新型コロ...

 
Fire7タブレットでテレビを見れるようにする
Fire7タブレットでテレビを見れるようにする

買っちゃいました。 アマゾンFireタブレット。 [amazonjs asin="B01J90PKEM" l...

 
海外旅行に持っていく洗濯洗剤はトラベル用ジェルタイプが最適
海外旅行に持っていく洗濯洗剤はトラベル用ジェルタイプが最適

昨年三週間ほど海外にいましたがその間に毎日やっていたことがあります。それは洗濯です。夜行バスや寝台列車に乗った時は一日風呂入...

 
「Anker PowerHouse」をシガーソケットで充電してみる
「Anker PowerHouse」をシガーソケットで充電してみる

先日、ポータブル電源を充電するためにソーラーパネルを買いました。 でも、ソーラーである必要は無いんじゃないか? 走行...

 
文明人はラーメンを手で食べずにフォークで食べる
文明人はラーメンを手で食べずにフォークで食べる

寿司は手で食べるのが粋である。回転寿司ではないところだと手で食べることを推奨しているところがあります。板前さんから手渡しで寿...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.