山林生活

‐山林探しをする上で坪数はどうするべきか?‐

山林探しをする上で坪数はどうするべきか?

[更新日]

広大な土地を自由に使え、好きな遊びが出来る。
まさに憧れの山林ライフだと思います。
しかし、それを目指すためには広大な土地を購入しなければなりません。

田舎の方に行けば坪単価50円とか100円とかで売っているところもあるでしょう。
坪単価50円とした場合、2万坪で100万円。
東京ドームが100万円で買えるとしたら安い買い物です。
しかしこれを都心から通えるところで探すとなるとこの金額で買うのは難しくなります。

都内から通える距離=利用価値がある土地=土地単価が高くなる。

こんな感じになるわけで、100万円で買える土地なんかたかが知れています。
安くても坪単価1000円くらいでしょうか。
しかし安いということは利用価値がない土地です。

例えば斜面で建物が建てられないとか、車が入っていけない土地だとか。
当方が山林探しをしていた時に千葉で200坪ほどの土地が10万円でありましたが、車の入れる道はありませんでした。
一応赤道(あかみち)はありますが、ずっと人が入ることもなかった場所なのでちゃんと道になっているのかも微妙なところです。
不動産屋も「詳しい場所は行ったことがないからわからない」話していたくらいの場所なんで。

ひっそり秘密基地としてはよいのかもしれませんが、ちょっと使い勝手が悪すぎですよね。

では1000万、2000万出して大きな土地を買うんだったら山林じゃなくて家買うわ!ってなりますよね。
少ない費用で出来る限り良い土地を探すっていうのが山林生活を目指す人の目標なんだと思います。
しかしそうなると関東近県で探すのはかなり厳しいことになります。

100万円を予算として考えた場合、坪単価1000円のところがあれば1000坪程度になります。
しかし1000坪って大きいようで意外に使い勝手の悪いサイズなんですよね。とくに山林は斜面が多いです。
そのため1000坪あっても半分以上使えない土地です。大体が土地の80%が傾斜地といった具合です。
しかも傾斜というかガケですからね。実際に当方の土地もほぼ斜面という状態。

大きい方が良いのですが、使えなければ意味がなく、また中途半端な広さでは何もできません。
これらのことを考えると広さよりも土地の形状を意識して探した方が良いかもしれません。

例えば予算10万円、20万円だとしても山林は購入できます。
坪単価1000円で100坪、200坪。
坪単価5000円でも20坪、40坪。
5000円だと単価は1000円と比べると5倍になりますが、使いづらい土地を多く持っているより、確実に使える20坪の方が色々と便利です。

山林に憧れる人は、敷地内にある木々を使って…。
というような考えをしている人も多いと思いますが、それを目指すのであれば1万坪とか広大な敷地が無ければだめでしょう。
田舎に行けばあるかもしれません。関東でも奥多摩の山奥であれば坪単価50円とかであるかもしれませんが、崖のような土地です。

木を伐ってといっても一苦労です。伐るだけではなく伐根もしなければなりません。
それなりの装備を用意しなければなりません。
そんなことをするよりホームセンターで建材を買った方がよいでしょう。

何を目的にするかにもよりますが、小さな小屋を建ててのんびりしたい。アウトドアライフを味わいたい。
というような考えで山林を探しているのであれば、建物が建てられて家庭菜園が出来るくらいのサイズがあればよいと思います。

建てるといっても3坪小屋です。駐車スペースに3坪。10坪あれば最低限のことはできるでしょう。
20坪あれば十分満喫できます。斜面の100坪より、造作しやすい平地の20坪のほうが使い勝手はよいでしょう。

当方のように中途半端なサイズを買うといろいろと後悔します。
正直言えば、誰かうちの土地買ってくれないかなー、と最近考えてます。

土地が広ければその分管理もしなければなりません。草刈りとかスゲ―面倒なんです。
今は1万坪の山林よりも使い勝手のよさそうな50坪くらいの土地が欲しいです。

【理想】
50坪の土地に三坪建屋の小屋を作り、井戸掘って、風呂作って、畑作って。
たまに釣りに出かけたり、バーベキューしたり!アウトドアライフを満喫。

【現実】
ガソリンと2ストオイルを混ぜ混合ガソリンを作り、草刈り。
敷地内奥のフェンスが獣に壊されたので補修。崖の整地。
整地、補修、草刈り…。なお、風呂はまだない。

土地探し、その辺は考えた方が良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
山林にかかる固定資産税ってどれくらいなの?
山林にかかる固定資産税ってどれくらいなの?

山林を所有する上で気になるところは税金の部分だと思います。購入したは良いが使い勝手が悪く売りたい。しかしクソみたいな山林を誰...

 
山林を低価格で入手する方法を考える
山林を低価格で入手する方法を考える

山林不動産は適正価格というのがありません。言い値です。実際に同じ地域でも値段のばらつきがあります。市場が安定しないからこのよ...

 
伊豆地方で山林を探していたとき
伊豆地方で山林を探していたとき

千葉の山林を購入するとき、山林探しは伊豆方面もしておりました。 よく伊豆にはツーリングに行っていたため土地勘があったのです...

 
不動産屋で山林を購入する際の注意点
不動産屋で山林を購入する際の注意点

山林探しの際、不動産屋に散々振り回されました。 「お客様は神様である」 さすがにそんな気持ちではいませんが、少な...

 
神奈川県で山林物件の購入を考えている方へ
神奈川県で山林物件の購入を考えている方へ

山林を探すのであればやはり都内近郊が望ましい。 距離が離れればその分地価は安くなるものの通うのはちょっと不便です。いっ...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.