山林生活

【北天神】閑散とした親不孝通り。オタクの街へと生まれ変わる

【北天神】閑散とした親不孝通り。オタクの街へと生まれ変わる

[更新日]

今日こそはラーメンを食べる。そんな意気込みがあります。

博多には屋台という選択もあるんです。むしろ地方から来た人は屋台に行くべきなんでしょう。日本国内でも屋台がここまであるのは珍しいですからね。街路樹の脇には屋台専用の蛇口まで用意されているくらいです。そして大体の屋台がラーメンを取り扱っています。もともと博多のラーメンの発祥は屋台からだったわけです。それであればやっぱり屋台で食べるべきなんでしょうが、

どうしても衛生面を気にしてしまうんです。

恐らく店舗で食べるのと衛生面は相違ないんだと思います。むしろ店舗はバックヤードがどんな状況なのか見えないのに対し屋台は目の前なのでクリアなんです。ある種のオープンキッチンなわけです。バケツから汲んだ水で料理を作っているところも見れるわけです。そもそも祭りの屋台では買うのに屋台のラーメンが食えないというのはおかしな話です。

せっかく博多にいるんだから屋台に行くべきなんです!

結構並んでるんですよね。恐らく美味しいラーメンを出してくれるんでしょうね。屋台といってもピンからキリまであるんでしょう。カップラーメンに毛が生えたラーメンからカップラーメン以下のものまでいろいろあるんだと思います。屋台で人気が出て店を持つところも中にはあるわけです。

これだけならんでいるとちょっと食べてみたいんですが、並ぶのはめんどくさい。かといって並んでいない屋台に入るのも嫌です。こんな感じでどこのラーメン屋にすべきかフラフラと歩きまわってしまいました。

そして行きついた先は「親不孝通り」でした。

名前は知っていました。
この通りは元々予備校があった通りで予備校生がこの通りをたまり場とするようになり親不孝者が集まる通りということでその名が使われ始めたそうです。その後はクラブやライブハウスなどができ若者の街として生まれ変わっていったそうです。しかしそれに伴い街の風紀は悪化、犯罪も増加したそうです。親不孝通りという名称がよくないということで「親富孝通り」と名称を変えてしまったようです。その後、その名称が不評で2017年に元の名称に再び改正したようです。

まるで渋谷のセンター街がバスケットボールストリートに名称を変えたのと似たような感じです。
センター街って名前が悪いイメージだからバスケ通りにしよう!それからもう8年経ちますが未だにその名前は浸透していません。そもそも若者=バスケという偏った考えに問題があるんじゃないでしょうか。親富孝通りが定着しなかったようにバスケットボールストリートも定着しないのでしょう。いっそのことセンター街に戻せばいいのに、色々と利権とかがあるんでしょうか。

話が逸れてしまいましたが、親不孝通り。そこまで遅い時間でもないのですが人の往来は少ないです。どうやら昔のような賑わいはなくなってしまったようです。一時期問題となったことがきっかけで警察も目を光らせていたのでしょう。その結果委縮してしまい来る人も少なくなってしまったんだとか。あとは名前を変えたというのも大きな影響があったのかもしれません。一度消えた火は元に戻すまでは時間がかかりそうです。

ピンクな店かと思ったのですがニューハーフショーなどをやっているショーパブでした。
ニューハーフショーだけでなく普通のショーもやっているようです。要はなんばグランド花月みたいなところって感じでしょうかね。
でも名前の感じからするとニューハーフ感が強いですね。この街もニューハーフの街に変わるのでしょうか。

そういった意味で親不孝通りってことなんでしょうか。

夜のまだ明るいうちですが町は大分静かです。
来る人も少なくなってしまった街は何か少し寂しい感じがします。
元々は予備校生のたまり場、その後クラブに通う若者の街だったわけですが、近年はオタク文化がこのあたりに浸透しているようです。
町の様相からはそのような雰囲気の店は無いのですが雑居ビルを見てみると同人誌やらコミック、そして萌え系の店等々。20年前からその手の店はこのあたりに存在していたようで、その手の人たちには有名な場所だったようです。これからはオタクの街として生まれ変わっていくのでしょう。

そういった意味で親不孝通りってことなんでしょうか。

一応その手の飲み屋街の案内所はありますが閑散としています。
当方もこの手の店で親不孝してみたいところがあります。

そういえば当方はもともとラーメン屋を探しに来ていたのに別のものを探し始めていました。

というわけでラーメン探しに戻るわけですが、何軒かはラーメン屋があるものの食指が動かない。そして混んでる店には並びたくない。

再度昨日行った店の前まで行きましたが気分がどうも乗りません。一度このように悩みだすとどこに行けばよいかわからなくなってしまうんです。店が限られているんだったらそこにしか行けないため何も悩まないんですが、このように何軒も店があると選べなくなっちゃうんです。最近めっきり食が細くなってしまっています。当然ラーメン屋のハシゴなんてできません。そうなると渾身の一杯を見つけなければならないわけです。その“見つけなければならない”という使命感が迷わすんです。三時間ほど、ずっと街を彷徨いました。

最終的にホテル近くのラーメン屋へ。

個人的には酢モツでビールを流し込み、そして豚骨ラーメンを食べる予定でしたが酢モツがなかったのでモツ炒めを。東京だと豚モツですがこっちだと牛モツだから嬉しいです。これでコラーゲンたっぷり摂取。そして高脂血症の道をさらに一歩前進するわけです。

いいですね。博多ラーメン。本日訪れたのは「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」というところです。都内で食べる豚骨よりもあっさりしている感じです。脂たっぷりなのにあっさりっていうのは変な話ですが、優しい味って感じでしょうか。とんこつラーメンって味がしっかりしていてくどいんですが、それが無いんです。とくに飲んだ後のラーメンですから個人的にはこれくらいがちょうどよいです。

西麻布と東京丸ビルにある赤のれんはこの店ののれん分けの関係らしいです。
結局のところ、都内にいても大体のものが食べられるってことなんですね。
唯一無二のものがあるとするならば、それは中洲南新地くらいなんでしょう。ウィキペディアで南新地を見てみるとサービスの概要が詳しく書いてあります。それはそれはここ博多でしか味わえないものなんでしょう。やっぱり博多といえば中洲に行くしかないようです。

Pocket
LINEで送る

関連記事

         
【たんぼ】町田には昔、風俗街があった(厳密には町田ではない)
【たんぼ】町田には昔、風俗街があった(厳密には町田ではない)

町田に来ております。 町田は東京都が実力支配している領土です。 歴史を紐解くと1868年に廃藩置県後、町田は神奈川の領土...

 
【三軒茶屋】オシャレな街のオシャレじゃないところ【三角地帯】
【三軒茶屋】オシャレな街のオシャレじゃないところ【三角地帯】

三軒茶屋に来ております。 三茶は当方にとって川崎、新宿と並ぶ故郷の一つです。学生の頃のバイト先があったため毎日のように...

 
福島茨城のソウルフード、シーフードレストラン「メヒコ」へ
福島茨城のソウルフード、シーフードレストラン「メヒコ」へ

せっかく茨城・福島に来たんだからその土地の酒を。ということでワンカップかったのですが、ひとつは福島の酒ですがもう一つは岩手の...

 
リバーサイドシティにあるブルーハウス多摩川という建物
リバーサイドシティにあるブルーハウス多摩川という建物

多摩川の河川敷に来ております。 本当であれば川崎駅の方まで行こうと思っていたのですが、夏の日差しは当方のやる気と元気を奪っ...

 
【修羅の国】石堂橋より川向こうの千代散歩(ちよさんぽ)
【修羅の国】石堂橋より川向こうの千代散歩(ちよさんぽ)

博多に来ております。博多といえば中洲。 博多に来たら中洲で豪遊。 あの小さな島にすべてが詰まっているってところが中洲...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.