山林生活

【ハイブリッド東海道五十三次】石薬師宿から土山宿へ

【ハイブリッド東海道五十三次】石薬師宿から土山宿へ

[更新日]

スーパーホテルは現在バイキングを辞めて弁当を配布しています。食堂で食べずに部屋で食べることができます。

そして朝からカレーを食べます。いくつか弁当の種類があったのですがカレーを選んでしまいました。

昨日は名古屋の熱田区に泊まり、本日は三重の四日市に宿泊しました。ここまで移動できたのは公共交通機関を利用したため。徒歩で一時間かかるところを5分で移動できるんです。これまで乗ってこなかったのがもったいないです。今後も活用したいと思います。
今日は滋賀県を目指します。徒歩であれば三重県から出ることはできないでしょう。当初予定していたのは亀山市にある亀山宿あたりで一泊して翌日滋賀に行く感じでした。でもバスと電車があるので滋賀の草津か大津あたりまで行けると思います。つまり明後日には京都に入れる算段です。

四日市から大津行の電車はあるようです。しかしそれに乗って大津に行ってしまうと途中の宿場町を見ることができなくなります。せっかくここまで来たわけです。それであれば宿場町を一つずつ見て回りたいです。
宿場町は駅から離れているところもあるようです。
四日市の先にある石薬師宿、庄野宿、亀山宿、関宿は近くに電車が走っていますが、坂下宿、土山宿は電車から離れたところにあります。そしてバスがみあたりません。たぶん住民のためのコミュニティバスはあるのだと思いますがそういうのが見つからずです。つまり山の中にある二つの宿場町を見て回るためには歩かなきゃダメだということです。ただでさえ手前四つを回るために途中下車して歩かなきゃならないのに、峠越えもしなければならないとは。どうにかならないもんだろうか...。

ニッポンレンタカーがあるじゃないか!

徒歩、自転車、バス、電車、そしてレンタカーです。これであれば公共交通機関の時間を気にせず移動ができます。しかも目的地まで歩かなくてよいんです。レンタカーであれば追加費用で乗り捨ても可能です。これがあれば一切歩かなくて済むわけです。

飲み物を買うことなく颯爽とレンタカーに乗ります。向かうは滋賀です。

本日借りたのは軽自動車です。高速も乗らないし一般道をゆっくり移動するだけだからこれで十分です。

とりあえず行った先は残り10のうちの最初の宿場町、石薬師宿です。

普通の住宅街です

案内板があります。
案内板を見ても普通の住宅街です。お寺や寺院があります。また古い日本家屋もありますが、ごく普通の街並みという感じでした。

続きましてー、庄野宿です。石薬師宿から庄野宿まで5分で行けます。車って便利ですねー。

住宅街です。

一応案内板もありますが、住宅街でしたー。次行きましょう。

次は本来宿泊予定だった亀山宿です。亀山城があった場所なので現在もこの辺りは栄えているようです。

亀山神社があったのでなんとなくお参りしていきます。

亀山宿から江戸までは104里、つまり408kmあるようです。だいぶ来ましたね(大して歩いてないけど)。

ここが亀山宿です。宿泊すれば色々見て回ったのでしょうが、今日はこれで進みたいと思います。

関宿に到着しました。電車の駅もあり、道の駅もあります。

どうやら関宿は古い町並みが残っているようです。これまでも古い建物は残っていましたが、一部現存しているだけでした。

でも関宿はかなり残っているようです。時代劇のセットみたいな感じです。お店も営業しているところがあります。

郵便局なども景観に合わせた造りになっています。

見晴台から見える街です。日本家屋が並んでいます。

ここまで宿場町っぽいところは初めてかもしれません。どこの宿場町もこんな感じで残っていたのであれば都度たちより見て回ったでしょう。しかし本陣跡や旅籠跡、武将が休んだと言われる木陰というような「跡」しかなく、その跡も跡形がない跡でした。
ここは古くからある町並みを残していますが、それが無かったとしてもレプリカでそれっぽいことをすればある程度観光客も来てそこにお金を落してくれるんだと思います。文化財がなくてもそういった整備をしてもらいたいですね。

こういったところに泊まるのもアリでしたね。ずっとビジネスホテルに泊まっていました。ということで今日は旅館とかそういうところに泊まろうと思います。

山道を登り坂下宿というところにきました。この坂下宿と土山宿が駅から離れていたためレンタカーを借りることになったわけです。

ごく普通の住宅街でした。レンタカー代を払った結果です。でもこういう時じゃないとここには訪れないですからね。良い経験です。

滋賀県に入ります。京都はもうすぐそこです。
もしここを歩いていたらたぶん挫折したでしょう。結構な山道でした。休み休み進めばクリアできたかもしれませんが、ただ辛いだけで修行のようなたびになっていたかもしれません。

道の駅あいの土山です。この近くに土山宿があるようです。
電車の駅は遠いですが、このように道の駅が近くにありました。

道の駅の裏手が土山宿。

ここはお茶が有名なんだとか。そのため茶畑が広がっています。それと滋賀県に入ったので飛び出し坊やを頻繁に現れました。この飛び出し坊やは滋賀県が発祥のようです。現在はお土産などにもなっています。

ここの飛び出し坊やは飛び出した結果、頭が剥がれ左手は欠損しています。

土山宿も多少当時の宿場町の雰囲気が残っています。古い建物があり、古い歴史があります。

古いしがらみも残っています。

あと少しで次の宿場町の水口宿です。

関連記事

【共存を目指せ】おごと温泉と雄琴ソープの今
【共存を目指せ】おごと温泉と雄琴ソープの今

琵琶湖を渡ったら急に雨に降られました。ゲリラ豪雨のようです。これまで移動中は雨に降られませんでした。でも現在はレンタカーなの...

 
保土ヶ谷宿から藤沢宿へ。シェアサイクルで行く東海道五十三次
保土ヶ谷宿から藤沢宿へ。シェアサイクルで行く東海道五十三次

ここ、保土ヶ谷宿のあたりなんだそうです。 日本橋から40km、昔の人はこのあたりが初日の宿泊ポ...

 
東海道五十三次を京都まで向かう際に必要なものとは
東海道五十三次を京都まで向かう際に必要なものとは

東海道五十三次。ふつうの人であれば徒歩で移動するのでしょうが様々な移動手段を使って京都までたどり着きました。 バスまで...

 
府中宿で安倍川餅を食し、藤枝宿を目指す
府中宿で安倍川餅を食し、藤枝宿を目指す

沼津から府中宿のある静岡まで自転車で走破しました。ここのサイクルポートまで約60kmです。平坦な場所ではアシストをオフにして...

 
【大津宿】滋賀の9割は琵琶湖。琵琶湖名物食べてみた
【大津宿】滋賀の9割は琵琶湖。琵琶湖名物食べてみた

おごと温泉に泊まりたかったのですが、当日予約で一人客を受け入れてくれる旅館がありませんでした。 予定では雄琴温泉に宿泊、翌...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.