山林生活

鳩は幸せを呼んだのか。赤線街「鳩の街」を散策

鳩は幸せを呼んだのか。赤線街「鳩の街」を散策

[更新日]
[著作者]

以前よりずっと気になっていた場所があり今回そちらに行くこととしました。
その前に、日本一の高さを誇るスカイツリーに立ち寄ります。このあたりは観光スポットが近くにあり比較的徒歩でいけるので浅草駅より歩いてスカイツリー方面へ。以前浅草に行ったときは裏浅草から周りましたが、今回は表から周ろうと思います。

都内を歩いているとこのようなオブジェとかが設置されているのを見かけることができます。椅子として使用するものなんでしょうかね。でも道の真ん中にあるため椅子じゃなくて芸術作品なんでしょうか。いわゆる組体操などでみられる手押し車なんでしょうが、想像次第で手押し車とは違った造形物のようにも見えます。
このオブジェは誰かの作品を展示しているのか、それとも税金でこれをここに設置してあるのか。後者であれば東京都に物申したいところがあります。

血税で卑猥なものを街中に設置するとはいかがなものか!

これは明らかに四十八手の体位のひとつである押し車。これって「環境型セクハラ」ってやつじゃないでしょうかね。
日本でも有数の観光名所である浅草、そしてスカイツリー。外国人観光客も多く来る場所で四十八手のオブジェを展示しちゃう東京都。日本の伝統的な性交体位を浅草で。日本人は性に対して大らかな民族です。それだから体位も道端に飾っちゃいます。

そういうの、嫌いじゃありません。
これらは卑猥なものではないんです。表現の自由ってやつです。例え性描写だったとしても芸術ってやつなんです。
さしずめスカイツリーは男性器をイメージしたものとでも言うのでしょう。そうすると雷門は女性器を模したものといったところでしょうか。性器の近くにはウンコもあるよ!

みんな、日本に来なよ!これがクールジャパンってヤツです。

スカイツリーに立ち寄るといっても登るわけではありません。スカイツリーは登るものではなく観るもの。東京タワーも登ったことがありません。最近登ったのは通天閣です。登れば東京の街が眼下に広がり綺麗なんだと思いますが高すぎると何も見えないんじゃないでしょうかね。通天閣ですらあまり下の景色は見れませんでしたからね。

下からの景色を見ておけば「スカイツリーに行った」と言ってもいいんじゃないでしょうか。これで当方は東京タワーとスカイツリーの両方に行ったことになります。今後この二つのタワーに登るかどうかに関してですが、ここまで頑なに登ってこなかったのであれば今後も信念を曲げずに登らないでいようと思います。

さて、今回はスカイツリーを見に来たわけではありません。今回来たのはスカイツリーのある押上駅から一つ隣りの駅、曳舟です。

四つ木方面に抜ける際にこのあたりは通ることがありましたが、街を歩くのは初めてです。ここ曳舟はいわゆる下町のような場所です。今でこそスカイツリーができたため観光スポットになっていますが、それまでは普通の住宅街でした。しかしその“普通の住宅街”だったのは昭和30年以降の話で、それ以前は別の意味での観光スポットだったようです。

当方がここに来たということはなんとなく察しが付くとは思いますが、曳舟には過去に赤線街があったようなのです。

その場所は曳舟駅から西へ5~10分ほど歩いたところにあります。国道6号線を渡ったところに「鳩の街通り商店街」と呼ばれるところがあります。どうやらそこが元赤線街だったそうです。

現在はごく普通の商店街となっています。一時期は栄えていたのでしょうが、現在はシャッター街になってきております。地方だけでなく東京都心も個人商店の営業は厳しいようです。大型店舗もできネットで購入する時代です。小売店がこれまでのように営業するためには以前のようなスタイルでは厳しいのでしょう。そのため店をたたむしかないのでしょう。

現在は「鳩の街通り商店街」という商店街になっておりますが、古くは「鳩の街」と呼ばれた赤線街だったそうです。
このあたりには東向島界隈に「玉の井」という私娼の街があったそうです。銘酒屋、いまでいうちょんの間が玉の井にはあったそうですが東京大空襲で焼け野原へ。営業できなくなった人たちが空襲の被害が少なかったこの場所に移り住んできたのが赤線街となったはじまりのようです。
終戦後、この娼婦街は米軍兵士の慰安施設だったそうです。その際に“幸せを呼ぶ街”という意味を込めて「鳩の街」という通称がつけられたそうです。しかし幸せを呼ぶどころかこの街は性感染症が多く、呼んだのは鼻がもげるか淋しくなる病気だったようです。そのため米兵は立入禁止へ。以降は売春防止法が施行されるまで赤線街として営業したそうです。

赤線街ということは公認の風俗街だったわけです。公認といっても日本は敗戦しGHQより公娼制度は廃止するように言われてました。廃止になったから全てをなくすことは出来るはずもなく世の中のエロい大人たちは黙っていません。そのため認めてないけど認めている状態で営業していたわけです。
売春は違法である、しかし赤線で囲まれたところに関してはお巡りさんもよくわからないんで。というような感じだったのでしょう。鳩の街は赤い線で囲まれた場所でした。そんな感じで営業は続きその当時は繁盛していたのでしょう。

ただ毎度の如く売春防止法が施行され、鳩の街は解体することになりました。その後は普通の街へと移り変わったのです。
現在は当然その手の店はありません。ごく普通の住宅街です。ただ空襲を受けなかった地域のためその当時の街並みが残っているところがあります。

このあたりの風俗店はカフェーと呼ばれる風俗店だったそうです。言葉は違えど風俗店。要はちょんの間のようなものです。ただ木造建築だと近代的なイメージが無いため、タイル張りの店が軒を連ねていたそうです。そのため現在もそのタイル張りが残った家がチラホラあるわけです。

道が狭いため建て直すことも厳しく再建築不可のところもあるのでしょう。そのためその当時のまま残している家が多くあるようです。しかし年数が経てば劣化も激しくなり壊すしか方法がない家もあるのでしょう。

歴史がそこにあるわけですが、近代の性風俗の話です。歴史が浅く猥雑な内容のもの。世界に発信できるようなものでは無いので静かに消えていくのを待つだけなのでしょう。

唯一残ったのが「鳩の街」という名称だけ。今では昔のように人が往来するようなところではなくなりました。歓楽街だったところが商店街へ。そして住宅街へと変わり現在は静かな街並みとなっています。果たしてこの街は平和が訪れたのでしょうか。再起を目指すためにはやはりもう一度過去を見直すべきなんじゃないでしょうかね。そうなることを期待しています。

関連記事

【新宿ダンジョン】メトロプロムナードでエンカウントする手配師の実態
【新宿ダンジョン】メトロプロムナードでエンカウントする手配師の実態

現在新宿駅西口から東口に行くためには駅を出て旧青梅街道(ガード下)を通るか、メトロプロムナードという地下街を通るかのどちらか...

 
浅草の光と影-裏浅草で何を見たか
浅草の光と影-裏浅草で何を見たか

雷門です。やっと浅草のメインのところまでたどり着きました。 雷門の前は何度もバイクや車で通り過ぎています。しか...

 
【LGBT】新宿二丁目の人たちは本当に多様性の受容をしてもらいたいのか
【LGBT】新宿二丁目の人たちは本当に多様性の受容をしてもらいたいのか

新宿といえば眠らない街歌舞伎町があります。 日本では有名で、そしてアジア圏でも歌舞伎町という名前は有名なのでしょう。でもな...

 
【思い出横丁】新宿で昼から飲めるしょんべん横丁の岐阜屋
【思い出横丁】新宿で昼から飲めるしょんべん横丁の岐阜屋

新宿で食事をするとなった場合、いろんな店があってなかなか選ぶのが難しいものです。ただ大体の店がカップルや大人数で利用するとこ...

 
【歌舞伎町】大久保公園付近の私娼の現在【立ちんぼ】
【歌舞伎町】大久保公園付近の私娼の現在【立ちんぼ】

歌舞伎町二丁目に来ました。 歌舞伎町は一丁目と二丁目しかない小さな街です。もともとこのあたりは池が広がっていたそうです...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS