山林生活

LPガスの虫よけスプレー。機内持ち込み可能?

LPガスの虫よけスプレー。機内持ち込み可能?

[更新日]
[著作者]

夏休み、子供のころは野山を駆け回り、カブトムシやクワガタを取ったものでした。カマキリやバッタ、蝉を捕まえたり日常に虫がいる生活でした。しかしいつしかその虫は不快なモノへと変わっていったのです。触れなくはないですがクワガタですらちょっと黒光りしてるのであまり触りたくない存在。もちろんゴキブリは触るとかいう次元ではありません。このように虫が苦手な大人となってしまったわけですが、それなのに山を買うという暴挙に出たわけです。千葉の山林には見たことのない虫がたくさんいます。オオゴキブリという準絶滅危惧種のゴキブリも見かけます。

絶滅しそうなんだから大切にしないと!

【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい
【閲覧注意】山林生活は生き物と共存しなければならないらしい

ですよね...。いますよね....。 まさかの玄関口。小屋の入り口にGさんがいらっしゃいます。

それ、ゴキブリを目の前にして言えますぅ??

いつからこのように虫が嫌いになったのかは不明です。とくに危害を加えられることもないのですが、できれば虫のいない世界に生きたわけです。
冬であれば、寒ければ虫もいなくなります。しかし私が寒いのが苦手なんです。この真冬の日本にいたくないから暖かい海外に行くわけです。そして暖かいところに行けば当然虫がいます。まるで私が虫のように南国の方を目指してしまうのです。

タイの首都バンコク。現在は大分街並みもキレイとなりました。そのため以前よりはハエなどの害虫が少なくなりました。
少なくなった。そうなんです、少なくなっただけで普通にいるのです。屋台に行けばハエが飛び回っています。そして蚊もいます。ゴキブリも見かけます。そしてベッドには南京虫がいることも。

行った時期が乾季だったため蚊の量は少なかったのですがいるんです。蚊に刺されればジカ熱や日本脳炎などにかかるリスクがあり、ゴキブリやハエは衛生面で好ましくありません。それの対策が必要です。

【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために
【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために

海外旅行に出るとき、以前より不安に思っていたことがありそれへの対処法を考えました。 私が高校生の頃、担任の

南京虫対策に関してはアロマオイルを使って南京虫除けスプレーを作成しました。カンファ―のアロマオイルを水に溶かしてスプレーでシュッシュするだけです。市販されている南京虫除けスプレーと成分は同じです。効果はどの程度かわかりませんが防虫剤でも使われているのである程度期待できるのでしょう。

虫よけに関しては現地で売っているのを購入しました。前回の旅行ではクリームタイプのヤツを買いましたが今回はスプレータイプのヤツです。こちらの虫よけもアロマオイルを使ったやつです。レモングラスが主成分のようです。レモングラスの効能は虫よけです。実際に効果はあるかわかりませんが、今回蚊に刺されることはありませんでした。

ゴキブリ対策に関しては、ベトナムでホテルの部屋に大きめのゴキブリが出て退治しました。そして今回プラカノンのホテルで小さいゴキブリを目撃しています。下水からのぼってくるのでキレイにしていても出てきちゃうのは仕方ないのでしょう。ただそこまで高頻度ではありません。路上や屋台のところでは頻繁に見ますがこれは仕方がないこと。一応ゴキブリ対策をするのであればミントのアロマオイルを使う形です。ゴキブリの嫌う臭いなんだそう。ゴキブリは一番見たくないヤツですが、わざわざそのためだけにミントオイルを持っていくのも面倒です。どうせならハエ対策なども一緒にできるやつが望ましいです。

先日まで行っていたバンコクの旅で虫対策のために持っていったものがあります。それがこちらです。

一回部屋にシュッとやれば虫が来なくなるスプレー(不快虫用)です。これを持っていきました。この手の商品は各虫よけスプレーの会社が出しております。しかし高圧ガスを使っているものがほとんど。海外に行くには飛行機に乗らなければならない。機内に高圧ガスのものを持ち込めるんだろうか?たぶん持ち込めないんだろうな。ということで高圧ガスじゃないヤツを散々探し見つけたのがこちらでした。これであれば問題なく機内に持ち込める。よくあるワンプッシュスプレーはスチール缶に入ってるんです。ガスボンベみたいなやつです。あれは機内に持ち込めないですよね。でも今回購入したのはプラスチック製品です。これだったら問題ないでしょう。しかも鉄じゃないから軽いっていうのもいいですね。

しかし残念なことにこちらも高圧ガスのヤツでした。
基本的に虫よけは高圧ガスのやつしかないようです。あの少量でどうにかするわけですからね。圧縮してるんでしょうね。高圧ガスじゃ機内持ち込めないんじゃないか?
機内持ち込みできないかと思い色々調べたところ、虫よけスプレーであれば規定容量内なら大丈夫なんだそうです。別に今回の旅で持っていったやつじゃなくても大丈夫なんだそう。

しかし購入したのが「不快虫用」という漠然としたもの。本当は蚊に効くやつを買いたかったのですが、日本の冬には蚊は出ず、冬場のドラッグストアに置いといても売れないのでしょう。蚊のやつは売っていませんでした。でもこの不快虫用でも効果があるようです。

一部屋にシュッと一回ですが、毎回ベッド周り、窓周り、ドアの周り、そして水回りと四か所ほどスプレーをします。このスプレーをしたおかげなのかはわかりませんが、室内でハエや蚊を見ることはありませんでした。

現地でも殺虫剤や虫よけスプレーというのは売っていますのでそちらを買うのもよいのでしょうが、この小さいサイズのやつは見かけませんでした。これ一本持っていけば部屋を快適に出来るわけです。この手の商品は車中泊の時にも役立ちました。そのほか屋台で食べるときに自分の足元にシュッと一回使用すれば虫も少なくなるのでしょう。海外、とくに暖かい地域に行く場合は持っていった方がよいと思います。

関連記事

海外のコンセント事情。そのまま挿して大丈夫!?
海外のコンセント事情。そのまま挿して大丈夫!?

海外旅行に行くときは必ず変圧器と変換プラグを持って行きます。 日本のコンセントは100V電源です。しかし海外は220Vとか...

 
海外旅行のスマホ通信。ahamoなら15日間使える
海外旅行のスマホ通信。ahamoなら15日間使える

インターネットがまだそこまで普及していなかった時代、またスマホの無かったころの海外旅行は色々と大変だったでしょう。情報を集め...

 
【バンコクへの道】タイランドパスの登録
【バンコクへの道】タイランドパスの登録

日本の水際対策が緩和されるようです。また先日までベトナムはコロナ感染症の指定国で入出国が制限されていましたが五月に入りそれも...

 
【手荷物軽量化】薬の入れ物変更でかさばる荷物を減らせる!
【手荷物軽量化】薬の入れ物変更でかさばる荷物を減らせる!

旅行時には爪も切るし耳もかくし髭も剃ります。お腹が緩くならないように整腸剤を持っていったり、頭痛が酷い時用に頭痛薬を持ってい...

 
【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために
【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために

海外旅行に出るとき、以前より不安に思っていたことがありそれへの対処法を考えました。 私が高校生の頃、担任の教師は若いこ...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS