山林生活

AISのSIM2Flyを日本国内で使えば安く済むのではないか?

AISのSIM2Flyを日本国内で使えば安く済むのではないか?

[更新日]

今の世の中、スマートフォンがないと生きていくのは難しく、何をするにもネットにつないでいます。買い物をするのもスマホが必要。電車の乗り換えもスマホ頼みです。そして大自然の中にいてもスマホを使ってしまいます。

山林を購入する際に一番気にしたのは電波が届くかどうかです。

電波が届くと電話もなるしメールも来る。自然と触れ合うときはそういうのを気にせずにいたい。
このように考える人が中に入るようです。

たしかに仕事の電話がかかってきたりすれば現実に戻されます。ネットがつながっているとせっかく目の前に大自然が広がっているのに画面を見てしまう。そういうのを避けるためシャットアウトしたいという人はいるのでしょう。でもそれは短時間だからできること。連日電波が届かないところにいるというのは無理な話です。
そのため山林を買うときは電波が入るというのが一番の条件でした。千葉でも大多喜町や鴨川市の山奥などは電波が入らないところもあるんです。今の土地を買う前に1000平米で20万円というかなり安い物件がありましたが、電波も届かないしそもそも道もないような場所だったので諦めました。やはりアクセスしやすくて電波が届くところが良いですよね。

ネットに繋げて色々見たいというのも一つの理由ですが、仕事上ネットと電話環境は常に用意しておかなければなりません。電波が多少悪くてもつながる場所でなければならない。土地探しで一番注意していたポイントです。

そして海外に行った時も電話や通信環境はずっと気にしていました。
ホテルでもネット環境を気にしており、そして移動時も電波状況を気にしていました。
電話もいつでも通話できる状態にしておきました。

メインで使っているスマホはdocomoで契約しています。そのためワールドウィングという海外ローミングサービスを使っていました。海外にいても日本と同じように携帯で通話できるというものです。しかしこの場合だと電話代は高くなり、着信をする場合も料金がかかります。ただ必要だったので仕方なくこれは利用しました。実際に渡航中に使うことになりましたしね。
でも電話をかけるとなると国際通話となるので費用が高くなります。そのため別に電話を用意してそちらを主に使っていました。

用意したのは「LINE通話」「Skype」「IP電話」の三つです。

LINEは相手がLINEアプリを使用していれば使えます。またSkypeも相手が登録していれば使用できます。LINEもSkypeもネット回線を使う音声通話です。これは好みがありますがSkypeの方が比較的安定していたように感じました。ただ通信状況やアプリの不具合でノイズが入ったり途切れたりすることもあります。
それ以外に用意したIP電話というヤツですがSMARTalkというところのを使用しました。SMARTalkは以前フュージョン・コミュニケーションズというところが運営していましたが現在は楽天モバイルとなっております。このIP電話を利用していたのは、050の番号が付与されるのと通話品質が比較的良いという点でした。

SkypeでもSkype電話というのがあり一般電話にかけることができます。またLINEもLINE Outっていうのがあるようです。しかしSMARTalkの品質より少し悪いという噂もあり、そしてどちらも月額料金がかかってしまうのです。そこまで頻繁に使うものではありません。とくに日本国内にいる場合は面倒なんでdocomoの回線で電話をしてしまいます。そちらの方が電波も安定してますしね。そのため日常ではほぼ使わないのです。ほぼ使わないのにお金払うのってもったいないじゃないですか。

でもSMARTalkは利用しなければ月額0円なんです。
通話料金は他の二つに比べると3倍近い金額ですが使わないとお金がかからないという点が魅力的です。そして番号通知もできるんです。そんなわけでSMARTalkを使用していました。SMARTalkであれば日本の固定電話をボイスワープで転送して受けることもできるわけです。そんなわけで海外行くときはこれを使用していたのです。

このように電話に関してはワールドウィングとSNS、IP電話で対応しました。ネットに関してはdocomoのローミングサービスを使うとかなり高額になってしまうため、タイの電話会社のSIMカードを使用していました。

AISというところでタイのドコモ的な立ち位置の電話会社です。
こちらの会社が提供するSIMカードは海外向けのものがあるんです。

当方はSIM2Flyというアジア24カ国周遊プリペイドSIMというのを旅に出る前にAmazonで購入しました。このSIMカードはアジアのほとんどの地域をカバーしています。アジアだとモンゴルとブータン、北朝鮮、それとタイ以外は使えたと思います(タイは別のプランを契約すれば使えます)。値段も10日間で1400円程度なので安く済むんです。10日間で6GBも使えるので動画を見ない限り充分足ります。

このアジア周遊SIM以外にも世界103カ国で利用できるSIMというのも存在し、それに切り替えることもできるのです。中東と南アメリカ、アフリカは対応しておりませんが、主要国はカバーしています。アジアとヨーロッパであればこのSIMがあれば問題ないでしょう。またこのSIMの場合、1年契約もあるようなんです。
15GBの高速通信が可能で1年間で2799バーツ。約1万円というところでしょうか。データローミングプランのため通話はできませんがLINEやSkype、SMARTalkを使えば通話は可能です。
一年契約をしておけば好きな時に海外に行き、それを使用すればよいわけです。ずっと契約したままなので行くたびに開通手続きをする必要もないんです。ベトナムに行ってもそのまま、フランスに行ってもそのまま使えるってわけです。15GBという制限がありますが、基本ホテルのWi-Fiを主に使っていれば十分なデータ量なんじゃないでしょうか。足りなきゃ追加で1万円払えばよいわけです。

そしてこのSIM2Flyの魅力は日本でも使えるということです。

つまり、このSIMカードを日常使いできるってわけです。

現在メインで使用しているのはdocomoです。ドコモのスマホとドコモのデータ端末があります。実はもう一台契約しているものがあり、それは旧フリーテル、現在は楽天モバイルとなりましたがこちらでSIMを契約しているんです。仕事上もう一台必要だったので契約しているのですが、要は受け専用の端末でデータ上限は200MBまでしか使えません。
あまり使用していませんが月額1072円かかっているんです。でももう不要なので解約しようと思っていたんです。
記した通りIP電話を用意できる。アチラであれば月額費用はかかりません。080や090ではなくなりますが、別にそれでも構いません。ということでフリーテルの番号は解約をしました。

そしてそこに現れたのがタイの電話会社AISのSIM2Flyです。
日本国内でも使えます。付与されている電話番号はタイの電話番号のため+66が付きますが一応番号もあります(データSIMなので通話はできませんがSMSは対応可)。電話は出来なくても通信ができればSMARTalkを使って電話ができます。年間1万円でデータ量は15GB。要は月額800円で1.25GB使えるわけです。

ローミングされる通信会社は日本の場合はソフトバンクのようです。でも設定すればdocomoにもできるっぽいです。ソフトバンクだと1GBを1500円で売っていますが、このようにテザリングをすれば1.25GBを800円で利用できるわけです。

電話はできませんがデータ通信は日本でも利用できる。
そしてそのまま海外に持っていけば面倒な手続きをせずに継続して利用ができるわけです。

ドコモ、ソフトバンク、AUが海外でも気軽に使えるプランを出してくれればわざわざタイの通信事業者を使う必要は無いんです。でも三社とも一日のパケット代が24.4MBまでが1980円、パケホーダイで一日2980円と高額です。三社とも値段が一緒。まるで値段をみんなで相談して合わせたかのような感じです。今年になって安いプランも出たようですが、年間1万円でどうにかしてくれるようなプランは日本の通信事業者からは絶対に出てこないんでしょうね。

今回このようにしてAISのSIMに切り替えることを考えたわけですが、ひとつ思うことがありました。

現在当方はdocomoだけしか使っておりません。以前はデータ通信用にMVNOを利用していたことがありました。解約をした理由は通信速度が遅いためです。安いのは魅力なんですが時間帯によって速度が落ちたり、使い放題なのに制限されたりすることがあったためドコモのギガホを契約。月30GBを利用できるプランにしました。現在の電話代は月1万円です。正直なところ30GBも使うことなく、多い時でも月に3GBくらい。少ないときは1GB以下のこともあります。

AISのSIM2Flyはdocomo回線も接続できるようです。仮にAISに4万円払った場合、年間60GB使えるようになります。月で換算すると3400円で5GB使えます。そしてドコモのスマホの安いプラン、ギガライトプランを使用すれば月額2980円。一応1GB分データ通信が可能です。つまり6400円で月6GB分使用可能というわけです。

これの魅力というのはAISのSIM2Flyは月額ではなく年額という点です。
一度に15GB使うこともできるし、その月使わなければ別の月に多く使えるということになります。今の感じだと年間15GB+12GBの計27GBあれば十分足りるような気がします。2980+800円で一カ月2.25GBで充分なんじゃないでしょうか
これであれば電話番号も残せるし、通信量もある程度確保できます。

現状の使い方だとこの形が一番っぽいですね。月4000円になるので半額以下で使用できます。
そしてなによりキャリアの回線なので通信速度が落ちない、海外にも持っていけるという魅力があります。

月30GBとかっていらないんですよね。車中泊の時はテザリングで携帯の電波を使いますが、自宅では一般回線を使っています。そのためスマホのデータ使用量は多くても月3GB前後なんです。
反対にデスクトップの通信も全てスマホで済ますとなると30GBだと少ないです。月に100GB超えることもあります。100~150GBくらい使えるのであれば別ですが30GBでは中途半端なんですよね。
これより5Gが主となりまた環境も変わるかもしれないです。スマホの端末もまた新しく変わるのかもしれませんがそれはまだ先の話になりそうですね。

AISのSIM2Flyをメインで使うというのはすごい現実的に思えます。とくに旅行好きなのであればこのSIMカード持っていれば大体の国は大丈夫ですからね。毎回空港でSIMカード買ってアクティベートしてという作業をせずに飛行機降りた時点でネットに繋げるというのはすごい安心です。そんでもって日本で継続して使えば無駄も無くなるわけです。

ちょっとギガホの解約などいろいろと面倒なものが残っており移行できていませんが、様子を見つつ切り替えたいと思います。

関連記事

スクンビットソイ22はすごいところだった
スクンビットソイ22はすごいところだった

本日も特にすることなくホテルに滞在します。外に出るのも面倒だったのでコンビニ弁当で食事を済ませました。しかしこのままホテルか...

 
バンコクで夢のホテル暮らしのはじまり
バンコクで夢のホテル暮らしのはじまり

空港をおりてとりあえず街に出ます。スワンナプーム空港からは電車、バス、タクシーで街に行けます。しかし国際空港に着いたのは夕方...

 
プラカノン市場を巡り駅前の屋台でガパオ食べる
プラカノン市場を巡り駅前の屋台でガパオ食べる

本日も特に何もすることなくダラダラと過ごします。といっても今回のバンコクはダラダラ過ごすために来たわけではなく、今後ダラダラ...

 
【バンコク】手を差し伸べよう。明日を生きるため、明日に輝くため。
【バンコク】手を差し伸べよう。明日を生きるため、明日に輝くため。

現在宿泊しているホテルの前を走るスクンビットソイ22はマッサージ店がひしめき合っています。前を通るたびに「マッサージ」と声を...

 
アソークからサイアム。バンコク中心地をぶらぶら
アソークからサイアム。バンコク中心地をぶらぶら

タイでは現在プラスチックゼロキャンペーンみたいなのをやっているそうです。しかもそのキャンペーンは今年からなんだそうです。そん...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.