山林生活

【ハノイ観光】出発までの時間つぶしで街を散策

【ハノイ観光】出発までの時間つぶしで街を散策

[更新日]

ホテルをチェックアウトし出発時間まで放浪します。最後にホテルのワンちゃんと遊びたかったのに会えませんでした。彼に会いにまたハノイに訪れたいです。

特に行くとこもなく街を歩きます。ベトナムではタクシー移動が楽にできるようにGrabの登録を済ませております。クレジットカードの登録も済んでいるため運転手との料金交渉やお金の受け渡しなどは不要です。アプリで呼ぶこともできるため便利です。しかしそんな便利なものを持っておきながら徒歩移動です。日本と違い海外のタクシーは安いです。またバイクタクシーなどもあります。それでも利用しないのはタクシーを使ってしまうと街の雰囲気が味わえないからです。
行先が決まっているのならばタクシー利用が望ましいでしょう。しかしとくに決まってもなくなんとなくそっちの方に行ってみようというような根無し草的な移動の場合は徒歩で移動して周りを見る方が何かが見つけられるかもしれないのです。

こんなものとか。どうやらベトナムの警察博物館です。英語表記があるためなんとなく雰囲気はわかりますが、雰囲気だけしかわかりません。それしかわからない場合、蝋人形館の誰だかわからないバージョンになってしまいます。こうやって歩くことで新たな出会いもあるのです。実際は何だかわからないアプリを使うのが不安ってだけなんですけどね。

ホーチミンって人だったの知りませんでした。ホーチミンミュージアムというのがあったのでそちらに寄っていきます。ベトナムの博物館は昼はお休みのようです。戦争博物館はタッチの差で入れませんでした。昼休憩後に行けば入館できますが、こういうのは一期一会です。
ホーチミン博物館も残り15分で中に入れました。

ここはベトナムの歴史などに触れられます。内容は世界史でも知られている通りあまり明るいものではありませんが、それを越えて今のベトナムがあるわけです。

ピカソのゲルニカはベトナムとは関係ありませんが、反戦のシンボルとしてここに飾られているのでしょう。

どうもホーチミンです。
基本英語なんで内容は1割程度しか把握できてません。色々と頑張ってフランスから独立したってことであっているのでしょうか。

ホーチミン廟です。調べたところ中には入れるようですがそれは午前中だけのようで入れませんでした。ホーチミンの家も入れませんでした。まぁ入れなかったとしてもまた今度来ればよいだけですので悔やむことはありません。

それよりも若干お腹の調子が悪いのです。
中国ではとくに下痢などを起こさず腹痛もなく過ごしていましたが、ベトナムに入った途端お腹の調子が悪くなっております。お腹が痛いというわけではないので食あたりなどではないのですが、まぁ若干ゆるいんですわ。そしてトイレも近いわけです。日本であれば駅やコンビニに行けばトイレを借りられますが、そう簡単に借りられないのが海外です。Googleの地図で調べた結果、近くに大きな病院があるのでそこに立ち寄りました。病院であれば衛生管理上トイレはキレイだと思います。また備え付けの紙もあるでしょう。

紙はありませんでした。
基本的に紙はないものなんでしょうね。衛生上用意されているんだと思ってましたが不特定多数が使うのであれば置いてある紙は不衛生ってことなのでしょうかね。不浄の手の発動を回避するのなら東南アジアでは紙は必須ですね。

用を足すことができたので今度は腹が減ってきました。でもがっつりしたものは食べたくありません。そのためバインミーです。ベトナムに来てからバインミーとフォーしか食べていません。知ってる味だからこそ安心して食べられるんです。

15000ドン。約75円のランチです。
若干少ないですが、今のお腹の調子では重いものを食べたくありません。とくにこの後長時間移動が控えているわけです。電車内にはトイレがあるようですができれば使用頻度は抑えたいものです。そうなると食事は抑える方がよいのでしょう。

こちら、鉄道です。以前までは鉄道の脇に飲食店や商店が立ち並んでいました。列車が来れば軒先に出していたものを避けるといった光景が見られていたのです。テレビなんかでそういったところを見た方もいらっしゃると思います。しかし現在それが見れません。理由は危険だからです。事故などがあったのかは不明ですが、単純に急に止まれない列車に当たればケガだけでは済まないこともあるわけです。以前までは地元の人だけだったようですが、近年は有名となり外国人観光客も増えています。撮影に気を取られて列車にひかれてしまいましたってなると色々問題となります。そのため現在は通行禁止となっていました。
こういったところは東南アジアの緩い部分の魅力でもありましたが街が発展すれば考え方も右に倣えとなってしまうようです。これからベトナムもどんどん変わっていくのでしょうね。

出発まで時間があるためカフェで一休みです。ベトナムはベトナムコーヒーというものがあるのにもかかわらず、シアトル発祥のスタバに行っちゃいます。電源とWi-Fiもあるためやっぱ便利ですね。ここで撮った画像を移し替えたりします。
スタバでは日本人のお客さんもいました。どうやら仕事でこちらに来ているそうです。ベトナムも工場などがあるようですからね。当然現地で働いている日本人も多いのでしょう。

カフェラテのグランデを頼みできる限り粘ったのですがそれでも時間が余ってしまいました。そのため公園に移動します。ハノイにはまだ禁煙の波は訪れて無いようです。タバコ吸う人は多く、路上喫煙もとくに規制されていません。警察官とが職務中に吸っている状態ですからね。なんだけすげーデカい煙管で吸っている人もいました。日本も昭和や平成の初めのころはそれに近い感じだったと思います。ベトナムも先々転換期が訪れるんだと思いますが、まだ昭和の感じを味わえます。

ということでコンビニでライターを購入して公園にて羽田空港で購入した葉巻を吸ってみたいと思います。

味わいは良い感じです。個人的にはもっと荒々しいというか田舎くさい味わいが好きなのですが、この葉巻はしっかりと出来上がっているという感じでしょうか。味が高貴な分物足りなさがあります。
それよりも葉巻の湿度管理についてです。
ボロボロなんです。乾燥しすぎていてボロボロしちゃってるんです。購入してから一週間何の手入れもしていませんが、比較的湿度の高い地域にいました。ちょっとこれはひどいんじゃないかと思います。店で売っていた時点でこの状態だった可能性も。葉巻は湿度が結構重要なようです。湿度が高ければカビが生え、低ければ乾いてボロボロになってしまいます。日本の販売店だから大丈夫だと思っていましたが、残念な結果となりました。

まぁこういうこともあります。葉巻はナマモノですからね。10000円しましたが。やっぱりコイーバがいいですね。帰りは買って帰ろうと思います。

さて、時間となりましたのでこれより鉄道に乗ります。本当であれば中国→ベトナムで寝台車移動の予定でしたがその願い叶わず、これが初めての寝台車となります。果たしてどのような感じなのでしょうか。

関連記事

【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻
【上海観光】豫園で小籠包を食べるの巻

七宝老街から歩いて地下鉄七宝駅へ。そのまま電車で移動します。地下鉄の乗り方というのもだいぶ手馴れてきました。北京でもそうでし...

 
バンコク到着。カオサン通りでボッタクリ飯を食べる
バンコク到着。カオサン通りでボッタクリ飯を食べる

バンコクへは過去に二回ほど来ています。今回で三度目です。ほかの国と違いバンコクは観光大国であり観光客にとってかなり使い勝手が...

 
ヤンゴンの観光スポット「シュエダゴン・パゴダ」に行く
ヤンゴンの観光スポット「シュエダゴン・パゴダ」に行く

今日と明日ヤンゴンに泊まり、明後日の便で日本に帰ります。インドに行くはずがミャンマー止まりとなってしまいました。初めてのミャ...

 
【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために
【南京虫対処法】旅行中にベッドバグの被害を無くすために

海外旅行に出るとき、以前より不安に思っていたことがありそれへの対処法を考えました。 当方が高校生の頃、担任の教師は若い...

 
【北京観光】中国で本当の中国料理を食べてみた
【北京観光】中国で本当の中国料理を食べてみた

朝から精力的観光をしたため疲れてしまいました。食事も機内で食べた焼うどん的なものだけです。そろそろ腹を満たしたいです。そう思...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.