山林生活

‐ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-‐

ガムテープの重要性-車中泊の旅弐拾弐日目-

鳥取に入りました。当方これで沖縄を除くすべての県を訪れた形となります。
鳥取は仕事とかで行かない限り行く機会はないと思っていたのですが、まさか旅の途中で訪れることになるとは思っておりませんでした。
なんとなく観光に力を入れているような気がします。砂丘以外にも色々とあるようです。

取り急ぎ「ベタ踏み坂」に行きます。実際はそこまでの斜度はありません。
ただサンバーの場合はベタ踏みです。普段の坂でもベタ踏みのことが多いです。

その後、近くにある水木しげるストリートへ。水木しげる生誕の地ということで街並みに妖怪が溶け込んでいます。
続いて青山剛昌の生誕の地へ。こちらはコナンが街並みに溶け込んでいます。


どうやら鳥取はアニメや漫画路線で行くつもりなのでしょうか。たしかに最近では聖地巡礼でアニメの舞台になったところが観光地化するケースもあります。
だからといって空港の名前を「鳥取砂丘コナン空港」とするのはいかがなものかと思います。
ちなみに米子にある空港は「米子鬼太郎空港」のようです。

鬼太郎を見てコナンも見て、本当は鳥取砂丘を見たかったのですが夕方となってしまいました。
しかもいつものように雨模様。「雨の日の砂丘も趣きがある」なんてことがネット上には書かれてますが、晴れの時のほうが当然いいに決まっています。
しかしながら明日も雨。晴れた砂丘を拝むことはできそうにありません。
このままチラ見して先に進むのも一つですが、せっかくの鳥取なので一泊します。

その前にすなば珈琲に立ち寄ります。まぁコーヒー屋のコーヒーですね。

本日の宿泊地は道の駅「神話の里 白うさぎ」です。
どうやらここは車中泊ユーザーでは有名なポイントみたいです。
隣にコンビニがあるので24時間買い物できます。
トイレは室内にあるためきれいで虫もいません。駐車場も広いため結構宿泊者が多いです。

日本海が目の前でサーファーにとっても便利な道の駅なんだとか。だから平日でも結構混んでいます。
これまで山奥にある道の駅を選んでましたが、涼しくなったので今日は海沿いに泊まろうと思います。

涼しくなったとはいっても車を閉め切ればやっぱり暑いです。
寒くなっても換気は必要です。
いつもは運転席の窓を開け、運転席後ろのドアに当方自作の換気扇と取り付ける形ですが、今日は涼しいため運転席側の窓だけ開ける形にしました。
ただこの場合、換気ができません。換気をするためには換気扇を取り付けなければなりません。
しかし換気扇を取り付けるものが何もない。そんな時に行こうなのはガムテープです。
これまでいろんなことでガムテープを利用してきました。ETCのアースが取れていた時もガムテープで取り付け。
スナック菓子の袋を止めるのもガムテープ。網戸の隙間にもガムテープ。
車中泊で一番重要なアイテムです。
これより車中泊を考えている方はガムテープは必ず持っていくべきアイテムです。
新品で買ったものがもうなくなりそうなくらい使っています。

砂丘から天橋立。車中泊の際の銭湯-車中泊の旅弐拾参日目-
砂丘から天橋立。車中泊の際の銭湯-車中泊の旅弐拾参日目-

とりあえず沖縄以外の都道府県全てを周ったため達成感があり車中泊の旅のモチベーションが少し下がってしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2018 山林生活 All Rights Reserved.