山林生活

サンバーにソーラーパネルを設置する。

サンバーにソーラーパネルを設置する。

[更新日]
[著作者]

山に行かずにずっとサンバーをいじってます。

やっとです。
サンバーにソーラーパネルをつけたいなーと思ってから二年。
それがつく時が来ました。

これまで色々と悩んだ結果、お金を払ってルーフキャリアを買い、ソーラーパネルも悩んだ結果、一体式のものを購入。
すべて福沢さんたちのおかげです。

■ソーラーパネルがあれば、車中泊の際に必要な電力を太陽光で補うことが出来る。う~ん。エコロジー!
■駐車時、停車時にソーラー発電で換気扇を回すことができ、車の中が蒸し風呂っていうことがなくなります。う~ん。クール!
■バッテリーが上がっても、ソーラー発電で何とかしてくれるかもしれません。う~ん。スタイリッシュ!
■なんとなく車中泊のプロっぽく見える。う~ん。プロフェッショナル!
■エコとか考えてる人って思われてモテるかもしれない。う~ん。う~ん?

そんな夢のような機材をこれから取り付けようと思います。

しかし取り付けるといっても取り付ける穴がありません。
当初はいつも通りガムテープで...とかを考えていたのですが、雨風に濡れるわけですのであまりよろしくありません。
毎回ガムテープを貼って剥がしてと繰り返すのは労力もかかるしエコではありません。
またそろそろガムテープで何とかしようという思考から抜け出さなければなりません。

そのため色々と考えホームセンターを歩き回った結果、荷ゴム的な奴で止める形となりました。

私のソーラーパネルには持ち手がついています。そこに荷ゴムを通して固定する。
単純です。でもパネル真ん中あたりが不安定なのでこちらは磁石で止めます。簡単です。

ガムテープと両面テープから卒業し、ゴムと磁石です。
粘着力ではなく磁力!粘着力ではなく張力!ついに進化しました。
人は進化する生き物です。私はこれからも知識を得て技術を身につけ、素晴らしいものを作っていくのです!
※でも磁石は両面テープ止め。

しっかりと測って取り付けなかったのでズレていますがこれも愛嬌です。

これ、本当にこれで飛ばないのか不安です。若干パネルが反ってるし...。
とくに磁石は架台とは磁力でくっついてますが、パネルとは両面テープですからね。
また盗難のことも考えねばなりません。
それらのことを考えてワイヤーで盗難防止&落下防止が出来るようにしました。

この形であれば取り外しも比較的楽です。
ワイヤーは南京錠で施錠すれば盗難防止にもなります。
雨が続きそうなら外すこともでき、またそのままでも安心システムとなりました。
最悪磁石が取れる、荷ゴムが外れてもワイヤーが落下を防止してくれます。
これであれば問題なしでしょう。

とはいうもののまだ走っていません。
今回は取り付けた感触を見るためでしたから。あと配線もまだそのままで、水漏れ対策もそのままです。
このあたり梅雨になる前になんとかしないと大変なことになってしまいます。

今回設置したのは100wのソーラーパネルです。
この大きさで100wなのであれば、サンバーのすべての屋根を使えば500wくらい充電できるのではないでしょうか。
500w分のソーラーがあれば一日1800wくらい充電できるってことですよね。
よくわかんないけど、すごいんじゃないでしょうか。

追加ソーラーしちゃおうかな。
そんなにソーラーパネル買えないけどワクワクしますね。

関連記事

【車中泊】道の駅「つる」。近くに山梨県立リニア見学センターも
【車中泊】道の駅「つる」。近くに山梨県立リニア見学センターも

山梨には何度か来ておりますが道の駅にそこまで行ったことがありませんでした。西日本に車の旅で出かけた時も静岡の海沿いを通ってい...

 
【エルトゥールル号】和歌山から徳島までフェリーで移動
【エルトゥールル号】和歌山から徳島までフェリーで移動

車中泊の旅?も四日目となりました。 今回、太地町に立ち寄ったのはイルカを食べてみたかったからです。 静岡など...

 
【車中泊】となりには温泉施設もある最適な環境の道の駅芳賀
【車中泊】となりには温泉施設もある最適な環境の道の駅芳賀

連日栃木にいます。今はちょうど紅葉の時期でしょうか。本来であれば日光の方に行くべきですが、人も多いし混んでそうだし。そもそも...

 
【車中泊】磐田市にある竜洋海洋公園で車中泊【静岡巡遊】
【車中泊】磐田市にある竜洋海洋公園で車中泊【静岡巡遊】

懲りずに朝ラーしています。 先日行った朝ラーとは少し違います。煮干しガツン系のやつです。個人的にはこちらの方が...

 
車中泊便利グッズまとめ
車中泊便利グッズまとめ

初めての車中泊で何を用意すればよいかわからないためとりあえず使えそうなものを集めてみました。 ■お湯を沸かす機材 ...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS