山林生活

‐【車中泊】道の駅「通潤橋」「佐俣の湯」「道の駅うき」とはしごする‐

【車中泊】道の駅「通潤橋」「佐俣の湯」「道の駅うき」とはしごする

[更新日]

熊本二日目です。

今回は遊びに来たわけでもなく車中泊に来たわけでもないのですが、せっかく熊本に来ているんだからということで、道の駅にも立ち寄りました。

前回の車中泊の旅では「道の駅 大野温泉」というところに泊まりました。

鹿児島から熊本方面に移動-車中泊の旅壱拾肆日目-
鹿児島から熊本方面に移動-車中泊の旅壱拾肆日目-

人生初めての鹿児島です。九州は福岡と熊本しか行っていませんでした。 そのため大分、宮崎、鹿児島と三県連続未開の

あそこは温泉施設もあり、周りも静かで車中泊には適した場所でした。また大分から宮崎に行くときに「道の駅 清和文楽邑」にも宿泊していましたね。ほかにも車中泊はしていませんが、「宇土マリーナ」「上天草さんぱーる」にも立ち寄りました。あと車中泊の旅以外で、阿蘇にある「あそ望の郷くぎの」と「道の駅阿蘇」、「道の駅大津」に立ち寄っています。

本日はそれ以外の場所で熊本市内から比較的近い場所を選びました。

場所は「通潤橋」というところです。
近いといっても40㎞くらいあります。でも地方の40㎞ってそこまで遠くないですからね。中心部は多少混みますが、少し離れれば渋滞などもなくスムーズに行けます。

どうせ道の駅に行くんだったら何か観光できるようなところに行きたい!そして阿蘇山の方向がいい!ということでそれで探していたところ通潤橋なるものが見れるということで訪れました。

そこまで大きな道の駅ではなく、一般車は60台くらいしか停められないようです。
宿泊するのであれば「道の駅 清和文楽邑」のほうが駐車場も広かったのでそちらの方がよさそうですね。10㎞くらいの場所にあるんで行きやすいです。近くに交番もあるし安心できます(職質されましたが)。

大分から宮崎へ。道の駅「清和文楽館」に泊ってみた-車中泊の旅壱拾壱日目-
大分から宮崎へ。道の駅「清和文楽館」に泊ってみた-車中泊の旅壱拾壱日目-

別府温泉に行きましたがとくに外を出歩くことなく、ホテルの温泉に入ったあとは室内に籠っていました。 当方が車

トイレも見ましたが、比較的綺麗です。

外にあるので虫だらけだと思っていたのですが、最近のトイレの電気は虫が近寄らないようになっているみたいですね。

謎のオブジェを横目にして観光の目的である通潤橋に向かいます。

向かいますといっても目の前に通潤橋があります。しかし震災の影響で通潤橋の一部が崩落。現在立入禁止の状態です。あいにくの雨だったため景色もよくなく、また橋も渡れずといった感じですぐに引き返しました。

でも、せっかくここまで来たんだからほかの所も見たい!ということでGoogle先生と相談。
そしたら比較的近くに道の駅 美里「佐俣の湯」なるところがあるのを発見!車中泊はせねども湯には浸かりたい!ということですぐさま向かいました。

「本日休館日」

車中泊の時は寝るだけのことが多いので定休日でもとりあえず泊まれるわけですが、やっぱりお風呂は入りたいものです。これまでいくつかの道の駅に車中泊をしてきましたが、やっぱり温泉付きの道の駅は車中泊をする人が多いように感じました。佐俣の湯は駐車場が80台くらいなので曜日によっては混雑しそうです。それであればここでひとっ風呂浴びて、別の道の駅に移動した方が良いのかもしれませんね。

ということでさらに移動します。

お次は「道の駅うき」です。

佐俣の湯からさほど離れていません。そしてこちらの駐車場は130台くらいあります。幹線道路のそばのため少しうるさいかもしれませんが、佐俣の湯で風呂に入ってこちらに来る形がよさそうです。
駐車場も平たんですから寝やすいですし、あと周りにお店もあるため食事には困らなそうです。
佐俣の湯も通潤橋も周りに店が見当たりませんでした。当方のようにズボラな性格の人にとってはスーパー、コンビニ、弁当屋がないと車中泊ができません。でも「道の駅うき」であればその辺の不安がありません。

地方に行くと道の駅を見て回りたくなってしまいます。以前は直売所などに行くのが目的でしたが、現在はそこで車中泊ができるのか?快適なのか?という部分を見て回ることが多くなってきました。今回三つの道の駅を周りましたが、車中泊をするのであれば「道の駅うき」が一番よさそうな感じがします。次いで「佐俣の湯」でしょう。こちらはお風呂に入れるから。こんな感じで道の駅を周るっていうのも案外楽しいものです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
車中泊はせずに道の駅「よこはま 菜の花プラザ」に立ち寄る
車中泊はせずに道の駅「よこはま 菜の花プラザ」に立ち寄る

大間で食べるマグロ丼。大間と言えどやっぱりいい値段するわけです。観光地でもあるわけですからね。当然です。都内で食べるよりか多...

 
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)
車中泊における給油、ガソリンについて(サンバー)

距離にして約6000キロ。日本を半周すると結構な距離が延びます。 走るということはガソリンも減るわけです。そのため定期的に...

 
渡鹿野島には渡らない健全な三重の旅-車中泊の旅参日目-
渡鹿野島には渡らない健全な三重の旅-車中泊の旅参日目-

布団で寝ることがなんてすばらしいものか! エアコンで涼しい部屋で寝ることがなんて文明的なのか! 一日だけ車中泊をした...

 
【車中泊】道の駅「燕三条地場産センター」に立ち寄り、二・七の市で朝ご飯
【車中泊】道の駅「燕三条地場産センター」に立ち寄り、二・七の市で朝ご飯

またまた新潟に来ております。 新潟といっても新潟市内ではなく、燕市、三条市付近。当方はこれまで燕三条市だと思っていたのです...

 
車内で寝ると結露が…。サンバーの結露対策
車内で寝ると結露が…。サンバーの結露対策

山林に滞在しているときは車の中で過ごします。 小屋があるのに車中泊です。残念ながら小屋の中はまだ寒いです。 完全体ではな...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.