山林生活

【DA17V】シンサレートで荷室窓のマルチシェード作成

【DA17V】シンサレートで荷室窓のマルチシェード作成

[更新日]

車中泊をする際に一番重要なことはプライバシー確保。車は窓があるから周りから丸見えです。窓をそのままにしておけば、車内であんなことやこんなことをしていると周りから見られてしまうことも。場合によっては警察を呼ばれて御用となるケースだって考えられます。

そうならないためにはしっかりとしたプライバシー管理を!それが出来るのがマルチシェードです。

現在のエブリイバンで使用しているマルチシェードはサンバーバンで使用していたものです。なぜ継続して使っているかというと結構値段がするんです。
各車両に合わせた造りとなっており、また遮光性も高く、車中泊をする人にとってはかなり便利な代物です。100円ショップで売っているサンシェードとかと比べ物にならないくらい便利なものです。

でも、値段が高い。

誰かが買ってくれるのであればよいのですが、当然買ってくれるような奇特な方はいません。そのためサンバーで使っていたのをそのままエブリイでも使っているわけです。

どうせバンなんだから形も一緒でしょ!

若干違うんです。サイズ感が全く合っていません。唯一いいところがあったとすればサンバーよりもエブリイのほうが窓が小さいということでしょうか。窓が小さいのであれば多少不格好でも取り付けることができます。小さな窓に大きなマルチシェード。

大は小を兼ねるっていいますからね。

大は小を兼ねない。

本来マルチシェードはプライバシー確保のほかに断熱効果もあるわけです。しかしこんな感じで隙間だらけであれば全く断熱効果を期待できません。
とりあえずはついているので良しとしていたのですが、これではマルチシェードの意味がありません。とくに荷室脇にある窓が全くサイズが合っていないのです。そのためこちらを作成しました。

先日、フロントガラス用のマルチシェードは作成しました。

今回は荷室脇にある窓のマルチシェードを自作していきます。

男のDIYはフリーハンドで!

ってやり始めるとまたサイズ感が合わずにゴミを量産してしまいます。そのため一応寸法を測ります。

これは簡単なことです。新聞紙などの紙を窓に当て、枠に沿ってマジックで書いていけば大まかな形を取ることができます。これを台紙にしてシンサレートを切っていけばよいだけです。これまでこんな感じで寸法を測ってきませんでしたが、新聞紙を使ってやれば簡単に出来るもんですね。

そして今回も登場です!断熱材の神様、シンサレート。マルチシェードをシンサレートで作っちゃいます。

なんだったらエブリイの半分はシンサレートで出来てるんじゃないかってほどシンサレート尽くしです。天井にもシンサレート入れたし、先日はフロントのマルチシェードをシンサレートで作成しました。断熱材って本来袋にいれたりとか、ある程度加工をする必要がありますが、シンサレートの場合はこのまま使ってもまぁ見た目上そこまで問題にはなりませんからね。以前サンバーでは断熱材にグラスウールを使いましたが、あの時は苦労しました。ずっとチクチクするし。それに比べると楽チンです。

新聞紙で窓を測り、それをもとにシンサレートを切っていきます。窓よりも少し大きめに切っていきましょう。結局ここではフリーハンドです。山林に行けばちゃんとしたハサミがあるんですが、山から下りると当方は武器が一切なくなってしまいます。丸腰のため使うハサミは文具用のハサミ。それでもシンサレートで問題なく切ることができるから便利なんですよね。

若干いびつなところはイメージで補完してください。なんとなくそれっぽいものが出来たのではないでしょうか。
荷室の窓に合う形となりました。あとはこれにハトメを適当につけて周りを成形すれば完成です。
一応完成前にサイズがあっているのかどうかを確認します。

当方はこの手の作業が苦手(この手の作業も苦手)なもんですから、勢いでやってしまい、全てがゴミになることがあるんです。一発勝負で悲惨な目にあうタイプの人間なんです。今回は少しばかり慎重にやりました。

まぁ及第点といったところでしょうか。ハサミで切っているため周りがいびつです。これに関しては縁取りテープみたいなので装飾する予定です。
今回、シンサレートを二枚重ねる形にしました。こうすることで両面が黒になります。重ねたシンサレートはホッチキスで止めてあります。きれいに縫い合わせるのであればミシンとかを使えばよいのですが、ミシンないし、ミシンあってももう当方には使いこなせないのでしょう。最後にミシンを触ったのは中学生の頃ですからね。ホッチキスで充分です。

シンサレートを二枚張り合わせ、周りをホッチキスで止める。
その上から縁取りテープを張り付ければ何で縫い合わせたかなんて誰にも分りません。

比較的簡単に作れるもんですね。ほかの窓もサンバーのマルチシェードを使い続けていますが、これであれば全てシンサレートで作ってもよいかもしれません。恐らく市販のマルチシェードよりも断熱効果は期待できると思います。値段も安く、断熱性能も高い、そして加工が簡単。基本的に既製品が一番良いと思っていますが、素人でも簡単に加工できるのであればこっちの方がよいと思います。

あと、今回荷室脇窓のマルチシェードを作成していた際、ここに棚とか作れば収納スペースを確保できるのではないかと思いました。エブリイの荷室の窓は開閉できません。また普段からマルチシェードつけっぱのままとなっています。だったらこの部分に棚をつけるなどすればかなり手ごろな収納スペースが作れそうな感じがしてきました。これに関してはまたホームセンターに行って熟考しようかと思います。

関連記事

車中泊で必要なUSB扇風機。やはり首振りは重要ポイント
車中泊で必要なUSB扇風機。やはり首振りは重要ポイント

ついこの間まで寒かったのに気が付けば地獄のような暑さとなっております。日中の車内は50℃以上です。千葉の山林でもこれは同じで...

 
【DA17V】新型エブリイを1000km乗った感想として
【DA17V】新型エブリイを1000km乗った感想として

エブリイをなんだかんだで1000㎞以上乗りました。 新潟の往復、山林への移動。こんな感じで乗っているとすぐに1000㎞...

 
電池の持ち時間を計算して電動ファンを動かす。
電池の持ち時間を計算して電動ファンを動かす。

車中泊の際にかなり重宝していた電動ファン。 今回換気扇開口部分を見直したためさらに使い勝手がよくなりました。 ただ車中泊...

 
【DA17V】DIYで換気用のボーンバーを自作【リアゲート】
【DA17V】DIYで換気用のボーンバーを自作【リアゲート】

夏暑く、冬寒い車中泊。冬場は窓を閉めれば寒さを多少は凌げますが、それをすると湿度の問題が出てきます。冬場の方が換気は重要にな...

 
バイクのバッテリーあがり、自分で充電する。
バイクのバッテリーあがり、自分で充電する。

去年の夏でしょうか。バイクを所有しているものの全然乗っていない。知人から譲り受けたもののその後一切乗っていない。そんな状態で...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.