山林生活

買ったバイクで走り出す、行先は山林へ。

買ったバイクで走り出す、行先は山林へ。

[更新日]
[著作者]

バイクを所有しているならばバイクで山林に行きたい!そんな野望がありました。バイクの修理に着手したのが去年末。厳密には着手したのではなく“着手すると言った”のが去年末。言っただけで何もせず見ないふりをしていましたが今年の夏にやっと重い腰をあげることとなりました。バッテリー交換やキャブの掃除などを経て何とか復活したバイク。しかも暑い夏も過ぎてツーリングにはちょうどよい季節となりました。せっかくだから山林までバイクでGO。

ちょうど山林に行かなければならない予定があったので行くことにしました。その予定とは台風15号の罹災証明書を発行してもらうための現地の被害状況の撮影です。あとはニンニクを植えなきゃならんのです。前回は時期が早すぎたので植えるのを諦めました。やっと涼しくなりはじめたのでちょうどよいタイミングかと思いまして。ニンニクを植えるのは穴掘って埋めるだけですから案外すぐに出来ると思います。
とくに山林に滞在することも考えておらず、また大した作業をするわけでもないのでそれならバイクで行くのがちょうどよいと思いまして。

山林は千葉の房総半島の先の方にあります。そのため高速道路を使います。その使う高速道路はアクアラインです。アクアラインを通常料金で乗るとバイクの場合片道2470円。往復すると5000円近い金額となります。それ以外に首都高にも乗りますので結構な金額となります。でもETCがあれば割引となり片道640円でアクアラインに乗れてしまうわけです。ETCはかなりお得なんです。そうなればバイクにETCを取り付けた方がいいですよね。

ETC機器の金額は15000円ほど。山林まで行けば一回の往復で3500円くらい割引されます。つまり四回行けば元が取れるというわけですね。それ以外にもバイクで高速料金払うのって面倒なんです。入り口で入場券をもらいポケットにねじ込む。料金所でぐしゃぐしゃになった入場券を渡す。財布からお金を取り出すためグローブを外して財布を取り出しお金を渡す。おつりはポケットにねじ込みグローブをはめる。この作業を料金所ごとにしなければならないわけです。まぁカード払いであればもう少しスマートですが、それでも料金所で停まってカードを取り出す手間があるわけです。ETCであればその手間がありません。四回行けばペイできるんだからそりゃつけちゃいますよね。

ということで早速取り付けて山林に向かいました。

もう、二度とバイクで行こうなんて思わない!

250㏄という点で高速道路はしんどいというのはわかっていました。そして過去にもこのバイクで高速道路を走っているのでその辛さは知っていましたが、たった数年です。そう、たった数年ですが以前よりもつらく感じるのです。これが老いというものなのでしょうか。以前にも増して負担が大きかったです。250㏄で時速80kmとか100kmとかで走るもんじゃないし、そもそもオフ車なんでずっと風を受けて走らなければならないわけです。年取るとツアラーが欲しくなる気持ちがなんとなくわかりました。これまで全くツアラーに魅力を感じていませんでしたが、今バイクで欲しい車種はツアラーです。

オフ車の高速はただの苦行で拷問。まさにその通りです。辛い思いをしてバイクに乗る意味が分からない!以前は高速道路を走るのも楽しく走れたのですが、今はそんな心持ちはどこかに忘れてきてしまったようです。
そしてこの車両、お尻が痛いんです。純正のシートではなく5cmほど高くなるハイシートが取り付けられています。そしてシートが固いんです。三角木馬的な車両なんです。そんなのに長時間座っていればお尻が割れてしまいます。

高速降りたところでお腹いっぱいとなってしまいました。なんだったらこのまま帰ろうかとすら思ってしまいました。しかし罹災証明のための撮影はしなければならないのでなんとか頑張っていくことにします。
千葉の君津あたりはまだブルーシートが被っている家があちこちに見られますが、信号機などは稼働しておりました。少しずつですが元に戻ろうとしているようです。市街地を抜けるとこれより山の区間です。

山道、たのしー!!やっぱりバイクはこの曲がりくねった道を走るのが楽しいです。台風の影響で道には砂が浮いています。モタード車に適した路面状況です。低い速度でハンドルこねくりまわしながら走るのはやっぱり楽しいもんです。しかしこれをするためには高速道路を50kmほど走らなければならないんですよね。

バイクの方が車よりも早く着くんじゃないかと思っていたのですが、時間的に変わりませんでした。なんだったら若干遅いくらいです。もうバイクでここまで来ないとなるとETCの費用がペイできません。そのためまた機会があれば頑張って来ようかと思います。でもそれが何年後の話になるかは今はまだわかりません。あとバイクだと景色を撮影をするのがめんどくさいです。車であれば車を止めて撮影するだけで済みますが、バイクの場合はグローブを外したりしなければなりません。場合によってはヘルメットも取らなきゃならんわけです。やっぱりバイクよりも車の方が便利なんでしょうね。まぁ所詮は趣味の乗り物なんです。そんなわけなんで、移動手段という考えは捨て、楽しみたいと思ったときに乗るのが一番なんだと思います。
作業を終えたらこれから帰らないとならないわけです。同じ道を帰るのもつまんない。それよりも高速に乗るのがしんどい。どうにかならんもんですかね...。

関連記事

【DA17V】イレクターパイプでちゃんとテーブルを作る【エブリイ】
【DA17V】イレクターパイプでちゃんとテーブルを作る【エブリイ】

ガシャガシャ...。ギギギギー...。 エブリイを運転していると荷室から金属がすれる音がします。原因はわかっています。...

 
【OBD2】エブリイをレーサー仕様に。iPadでエンジン回転数を知る
【OBD2】エブリイをレーサー仕様に。iPadでエンジン回転数を知る

先日、車屋さんでOBDという存在を知りました。 現在生産されている車には自己診断機能装置が義務付けられております。 この...

 
サンバーにキャリアを付けたら雨漏りしてきた
サンバーにキャリアを付けたら雨漏りしてきた

先日、サンバーにキャリアを取り付けました。 説明書にはキャリアがスライドドアに干渉するかもしれません。雨漏りをするかもしれ...

 
車中泊で使う机。イレクターパイプテーブルが破損
車中泊で使う机。イレクターパイプテーブルが破損

山林にいる時も車中泊で過ごしています。この時期日中は車内にいれないくらい暑くなります。日が落ちてからは涼しくなります。やっと...

 
車無しでも山林開拓や小屋暮らしは可能か?
車無しでも山林開拓や小屋暮らしは可能か?

以前、当サイトを経由して小屋暮らしを実践したいというお話を頂きました。 セルフビルドで小屋を建て、スローライフを味わいたい...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS