山林生活

RawをPhotoshopで編集するならミラーレスカメラいらなくね?

RawをPhotoshopで編集するならミラーレスカメラいらなくね?

[更新日]
[著作者]

ミラーカメラを買って以降、普段からカメラを持ち歩くことになりました。これまで“できる限り荷物は少なく”をモットーにしてきました。その結果、財布も持たずスマホだけで生活をしていたのですが、今回カメラを持つことになり普通の人よりも重い荷物を持ち歩くこととなってしまったわけです。

でも、カメラはいいものです(言い聞かせる)。色々なものを撮影できる。スマホでは表現できないものもミラーレスカメラであれば表現できる。質感や温度などを写真におさめることができるわけです。
以下の写真は山の中で撮影したものです。

薄暗い感じです。でもちょっと弄ると以下のような画像に。

若干やり過ぎ感はありますが、温かみのある画像になりました。

ミラーレスカメラはJPEGだけでなくRAWという形式で保存されています。RAWとは生データになります。カメラには明度や彩度、コントラストなどを指定して撮影できます。しかしカメラ技術のない人にとって、その場で色のバランスを取るのは難しいものです。しかもファインダーを覗いてやらなきゃなりませんので一苦労です。そのため後で簡単に変更できるように生の情報を保存できるようになっているんです。
仕様などは不明ですが、多分色の三原色の全ての情報をデータとして保存してパソコン上でどの色を使うかを指定できるってことなんだと思います。この作業ができるのでとりあえず撮影してあとはパソコンで処理をすれば良いということができるわけです。

結局以前と状況はなにも変わりませんでした。

以前は「画像なんてフォトショでいじればどうにかなるっしょ」という考えのもと、被写体にピントが合っていればそれでよいという考えでした。色味はフォトショで調整、ボカシもソフトに頼めばよい。そのため高性能なカメラはいらないと思っていたのです。でも、カメラがあるといろいろと便利。やっぱりミラーレスとか一眼レフで撮った写真はスマホで撮るのとはちょっと違う!というなんだかわからないけど“買わなきゃいけない”という同調圧力に押されカメラを買ったんですが、結局はアドビにお世話になることとなりました。

まぁでもRAWで保存されたものを調整する方が綺麗に加工ができます。JPEGを補正すると色の栄目が潰れたり、荒くなったりするのですが生データを変更するため乱れがありません。暗いところで撮ったものも色調を変えたりすることで明るくできるのは楽でよいですね。

私が所有している編集ソフトはAdobe Creative Suite 6です。現在Adobeは月額支払いのサブスクリプションとなりましたが、以前はパッケージ購入型でした。Adobeの製品は高いためコピー商品も多く出回っていました。そのような経緯があり、パッケージを辞めてオンラインサービスに切り替えたのでしょう。しかし毎月支払うというのが性に合わず、仕方なく古いCS6を使い続けています。CS6の発売は2012年。私は2013年に購入しました。もう7年も経つんですね。当時の値段は25万円。ペイできたかどうかは微妙なところです。

7年前の製品ですが、今のところ問題なく使えています。OSが対応しなくなるのではないかとひやひやしていますが、私と同じように現役で使用している人も多いと思います。

本来であれば画像編集用にAdobeのLightroomというアプリケーションを使うのがカメラマンの慣わしのようですが、Lightroomは月額課金制のやつしかありません。そのためPhotoshopで対応します。PhotoshopとLightroomの違いについてですが、もともとLightroomはPhotoshopからの派生商品のようです。気軽に画像を編集できるように一部機能だけに絞り軽量化させたものがLightroomなんだそうです。そのため起動が早く扱いやすいんだそう。しかし追加購入はできないのでPhotoshopのCS6で画像編集をしました。

色調の変更は数熟さなきゃわからんですよね。どうしても嘘っぽい色味になっちゃうんです。

パソコンで操作すると画像一枚を編集するのに数分かかります。データ量が多いので読み込みに時間がかかります。これをタブレットでやった場合どうなのか確かめてみました。
使用するタブレットはsurfaceGOです。最近surfaceGO2が発売されたようですが、旧型のヤツを使用します。アプリケーションはPhotoshop ElementsというPhotoshopの廉価版ソフトです。廉価版ですがLightroomと使える機能は一緒だと思います。パッケージ商品で唯一生き残っているヤツです。
このソフトを使って画像処理をしてみましたが、パソコンと同じ速度くらいで加工できました。保存するときに少し固まります。でも全く使えないというわけではないです。

パッケージであれば一度買えば追加費用無しに使い続けられます。サブスクリプションプランのやつは最新機能が使えるという魅力があるんだと思いますが、今のところ欲しい機能が出てきていないですからね。画像サイズ変えたり、色調補正をする程度であれば十分使えます。

そして今気づいたのですが現在使用しているスマホpixel3aでもRAWデータを保存できるようです。つまりやっぱりミラーレスカメラ不要だったんじゃないでしょうか。結局画像編集ソフトを使ってるわけですからね。とくにカメラに興味がないため所有欲も満たせておりません。唯一、画質が良いものが撮れるという点くらいでしょうか。でもそれだったらコンデジで充分なんですよね。

カメラの機能を知れば知るほど、カメラ不要派勢力が強くなっていきます。このままでは海外に持ってかないかもしれませんねぇ...。

関連記事

【アドセンス】タバコ記事は禁止コンテンツのため修正
【アドセンス】タバコ記事は禁止コンテンツのため修正

先日、アドセンスよりアドセンス広告否認の通知が届きました。 当サイトの記事の一つが禁止コンテンツに該当するということでした...

 
NFTアートで稼げ!商業書家への道
NFTアートで稼げ!商業書家への道

これまでブログのロゴはふみゴシックで書いてその上にフリーの烏のシルエットを載せてました。 2016年からずっと...

 
ユーチューブ、はじめました
ユーチューブ、はじめました

ユーチューバーにオレはなると言ったのが2018年8月。 ユーチューブチャンネルを開設して動画をアップし...

 
Youtube、増えない登録者数
Youtube、増えない登録者数

登録者数1000人、総再生時間4000時間を目指しyoutubeで動画を毎日更新しています。 昨年末より動画をアップし...

 
ページの読み込み速度が遅い。問題はサーバー側にあった。
ページの読み込み速度が遅い。問題はサーバー側にあった。

PV数もアクセスもとりあえず上々の状態である当サイト。アクセスのほとんどが検索サイトからという状態で、様々なキーワードで閲覧...

 

Profile

Author:

山林生活

山林生活を目指す。
でも都市型生活、旅行を中心にブログを書いてます。⇒プロフィール

お気に入りRSS