山林生活

‐土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか‐

土地を買って小屋暮らしという選択は正しいのか

[更新日]

Bライフという形で自ら小屋を建てそこで生活をするという形。ある種俗世を捨て、一人で全てをやる生活ですが、一人で全てをやるとなると簡単ではありません。果たして小屋暮らしという選択は正しいのでしょうか。

当方が山林を購入して二年が経過しました。
二年前は大分勢いがありました。

どうせなら小川が流れている土地がいい。
大規模な山を開拓して大きな畑を作ろう!
セルフビルドで作った家で贅沢小屋暮らしをしたい。
電気はソーラー。水は井戸。そして火は薪でおこすオフグリッドな生活!

こんな感じで考えておりましたが、現在はかなり落ち着いてます。

山林を買う以前の当方は、

「山奥に山小屋でも建ててそこでひっそり小屋暮らしでもしよう」

そんな感じでした。

自分に合った土地を探したい。そこに小屋を建てて小屋暮らしを実践する。それを小屋暮らしブログとして書いていけば生活費の足しになるのではなかろうか?体裁としては「皆さんに小屋暮らしの様子をしってもらうため」ということにしていましたが、現実はそうではなくアフィリエイトの収入目的でした。

しかし現実はそんなに甘いものではありません。

当然のことながらアフィリエイトでの成果というのは微々たるものです。まぁ小屋暮らしもしていないし、セルフビルドもしていないので当然のことではありますが。

そして山林の開拓に飽きる。

当方のような煩悩の塊みたいな人間に解脱が出来るはずもなく、やっぱりネオンが恋しいってなってしまいます。
その結果、山林を購入したものの何もせず、なんだかんだで都会暮らしが続いているわけです。やはり都会には様々な誘惑があり、当方にはそれを払拭することはできそうにありません。

山奥で小屋暮らしという選択は正しいのか

当方の山林には小屋があります。そのため小屋暮らしは購入時から出来る状態でした。
当方が丹精込めて建てました!セルフビルドで頑張って作りましたー!といいたいところですが、この小屋は前所有者が建てた小屋です。

このたび山林を買いました
このたび山林を買いました

山林を買おうとしている人は好条件を期待しているでしょう。しかし、有史以来誰も住もうとも思わなかった場所なのです。

建てた状況は聞いただけなので詳しくわかりませんが、基礎は大工に頼み、残りは自分らでやったのだとか。壁が薄かったり断熱材が入っていなかったり、また室内虫だらけで隙間風も多いといった感じで色々と問題はありますが一応しっかりとした造りになっております。

ここに住み、ここに骨を埋める。

小屋で生活をしていれば固定費はかかりません。一国一城の主となれば家賃を取られることもありません。固定資産税がかかったところでこんな山奥であれば微々たるものです。そのため金銭的な負担はありません。

しかし付近は山です。もちろん店もありません。
自家栽培で食事を賄うっていってもそれにも限度があります。
また全く無収入で生活が出来るわけでもありません。土地や家屋の固定資産税がかからないとはいうものの、日々生活をする上でお金が必要です。

結局は金、金、金なんです。

Bライフという生き方の選択
Bライフという生き方の選択

先日テレビ制作会社より取材の申し出がありました。 取材を受け入れなかったため詳細をお伝えすることは控えますが、

車を動かすのにもガソリン代や修繕費でお金が必要。維持するのにも保険や自動車税などでお金が必要。
だったら車を辞めてバイクにするとしたところでやはりそこにもお金が必要。
支出は抑えられても支出ゼロでは生活もできません。それをアフィリエイトで何とかするとしても100万、200万PVなどといったプロブロガー並みのPV数が必要なわけです。ブログも続けていればいつかそれくらいのアクセスが見込めるのかもしれませんが、それがいつになるのかは定かではありません。

収入がない。家も家と呼べるほどのものでもない。明日の糧の心配をし続けなければならない。全く現実的ではありません。
実際に小屋暮らしをするために計算をしたところ、最低でも50万円はかかるという試算でした。

小屋暮らしをするにはどれくらいの生活費が必要なのか
小屋暮らしをするにはどれくらいの生活費が必要なのか

人里離れた山奥で小屋暮らしをするとしても食費とか税金とか一切お金をかけずに生活することはできません。一日どれくら

最低でも50万円。修繕費などを考え、ある程度普通の生活をするだけでも100万円かかります。つまり小屋暮らしをしたとしても最低限50万円は確保できる収入源が必要なのです。それをブログだけで収益を賄うというのは結構大変なことです。そうなるとアルバイトや付近で就職先を探すこととなりますが、そもそも人が住んでいないわけですので働き口がない。林業などの仕事はあるのかもしれませんが体力的な問題もあります。結局はどん詰まりなわけです。

土地持ちホームレス。

結局はこんな感じなんでしょう。

当方が山林を購入した時に思った言葉です。土地はあるものの一般人以下の生活を強いられる。我慢をし続けなければならないということです。

ホームレスがなぜ山に居つかない理由が分かりました。
だって、生活が出来ないんですから。そもそも人が住んでいないような場所なわけです。そんなところで生活をするためにはある程度の知識と技術が必要なわけです。そんな人間はホームレスになることもなく、しっかりとした生活が出来るのでしょう。

ある程度の貯えがあり、働かなくても何とかなる状態であり、もう人生終焉を迎えるのが間近というのであれば隠居生活のような小屋暮らしも良いのかと思います。セミリタイアをするのがある程度の年齢になってからというのも山林を購入して理解しました。収入も資産もなく、また知識のない人が山で生活をしたとしても野垂れ死にするだけです。

とはいうものの当方は老人になっても煩悩の塊のままなのでしょう。仮にしっかりと収入を得て貯えを持ったとしても技術がない。そして根性がない。結局はリタイアが出来ない。

でも、今後リアルに収入がなくなり、生活もままならなくなったらそこで生活が出来るという考えも一つあります。

ある種のセーフティーネットってやつでしょうか。

多摩川の河川敷に寝泊まりするのではなく、自分の土地に家を建てて寝泊まりするわけです。公共の場に住み込むのは違法となりますので、山林さえ持っていれば違法に住むというわけではありません。
店は無いですが食べ物はどうにかこうにか工面はできそうです。一応山とか畑とかありますからね。近隣の農家の手伝いでもすれば米くらいなら分けてもらえるのでしょう。
そのような最低限の生活を余儀なくされれば、小屋暮らしという選択もあるのだと思います。ひもじい生活になるでしょう。

皆さま土地を買って小屋を建て、そこでオフグリッドな生活をしてみたい。
ミニマリストな生活をしてみたいと考える人は多いと思います。

趣味の範疇であればそれは楽しいのでしょう。しかしそれがメインとなれば苦も味合わなければならないわけです。またそれがメインとなればミニマリストという形で生活するのは難しくなります。
最近ではタイニーハウスに住む人も増えているみたいです。あれもミニマリストの一環なんだと思いますが、生活をする上で必要なものはどんどん増えていってしまいます。
それだったらアパート暮らしの方が荷物も少なくて済むでしょう。

【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き
【iPhoneでは土を耕せない】小屋暮らしはミニマリストには不向き

スローライフな生活、ミニマルな生活をしてみたい。だから小屋暮らしとか山林暮らしとか憧れる!っていう人がなんだか周

アウトドア好きだとしても一生テント暮らしは嫌でしょう。日常の中に非日常があるから楽しいのだと思います。
小屋暮らしも非日常の一つ。それが日常になればただの苦痛なのかもしれません。

それでもやっぱりその暮らしがしてみたいという人は小屋を建ててそこで生活してみるのがよいと思います。
苦痛があるというのはあくまでも個人の感想。それが楽しいと思える人も中に入るでしょう。

当方は小屋暮らしにならないよう出来る限り今を頑張っていきます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

関連記事

         
山蛭に噛まれたときはヨモギを探せ
山蛭に噛まれたときはヨモギを探せ

「この時期は山蛭がいるでねぇ、まぁ気をつけな」 「この辺は山蛭がでるから気を付けたほうがよいでよ」 「山蛭噛まれてないか...

 
井戸モーターの目隠しを作成してみる。
井戸モーターの目隠しを作成してみる。

当方の所有する山林に先日井戸を掘りました。 井戸水のくみ上げはモーターです。手押し式のものと悩みましたがやはり楽して水が欲...

 
山林放置していると罪になる?条例から見る山林開拓
山林放置していると罪になる?条例から見る山林開拓

山買ってそこでDIYで小屋を作りたい。 誰にも気兼ねなくキャンプをするために土地が欲しい。 山にはこのように魅力が多...

 
【花粉症】小屋暮らしや山奥暮らしにおけるスギ花粉について
【花粉症】小屋暮らしや山奥暮らしにおけるスギ花粉について

今月の目標である「山林に来る」を実行しました。 先月はラオスに行ったりしていたためなんだかんだで山林に来ることもありません...

 
宮崎はスナック日本一らしいです。
宮崎はスナック日本一らしいです。

仕事のため九州滞在です。 前回の車中泊の時、宮崎に訪れましたが、高千穂峡のあとはそのまま南下してしまったため宮崎市内は立ち...

 

Profile

Author:小鳥遊々
   (NOMA TAKANASHI)

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2019 山林生活 All Rights Reserved.