山林生活

surfaceGOは外で文字打つなら最適なタブレット

surfaceGOは外で文字打つなら最適なタブレット

[更新日]

今回旅に出る前にsurfaceGOを購入しました。旅に出るから購入したというわけではなく以前から狙ってました。旅の直前でMicrosoftのイベントがありました。イベント前の情報ではsurfaceGOの新しいのが出るという話でした。筐体はそのままでもう少し早いCPUを積んで登場するということでしたが実際はsurfaceGOは製品から除外され、別のものが登場しました。登場といっても購入できるのは年明け。そんなわけで古い筐体ではありますがsurfaceGOを買ったわけです。

【レビュー】ThinkPad13を半年ほど使用した感想
【レビュー】ThinkPad13を半年ほど使用した感想

ThinkPad13を半年間使ってみたレビュー。不満点やよかったことなど、実際に使用した結果をお伝えいたします。

これまで外出時にいじれるPCはレノボのThinkPad13。性能はよけれども筐体がでかいため持ち運びに不便でした。今回は長旅になる予定だったので出来る限り軽く持ち運びに適したものを。そのためsurfaceGOを選んだわけです。使ったのは一カ月ほど。パソコンもない環境でしたので毎日使用していました。その使用感をレビューしたいと思います。

surfaceGOのレビュー記事なんていまさら感満載ですが、観方は人それぞれです。新たな考えが生まれるかもしれませんので少々お付き合いください。

使ったといっても使う機能は限られていました。執筆するために使ったメモ帳、ネットを観るためのブラウザ、画像編集のソフト、それとラジオを聴くためのアプリ。これくらいしか使用していません。

結論から先に言うとブログを書いたりする人にとってはかなり有益な端末と言えるでしょう。しかしこれだけで全てを行うというのは無理があります。デスクトップとsurfaceGO、高性能のノートPCとsurfaceGOという形でサブ機としては優秀だと思います。

まず文字を書くことに関してですが、Microsoft純正のメモ帳を使用していました。プログラムを書いたりする人にとってメモ帳は色々と不便で大体の方がTeraPadなどを使うのでしょう。細かな設定ができるのでTeraPadの方がよいのですが、“文字書くだけ”であればメモ帳でも構いません。軽くて手軽に使えるという点はやっぱりいいですよね。これに関しては何に不満もありません。surfaceGOを開いてメモ帳で下書きを作れるわけです。ネット環境がなくてもブログ記事は作成できます。

そしてsurfaceGOの一番素晴らしい部分であるキーボードです。このキーボードは書くのに特化しています。流石はオフィスソフトを出しているメーカーが作ったキーボードです。作業効率はこれがあるとかなり捗ります。この部分は申し分ないです。

画像の編集に関してですが、今回PhotoshopのElementsという有料ソフトを導入しました。重いAdobeのソフトです。一応動きますが読み込みに若干時間がかかります。一応動画も編集できるようですが、静止画で動きがカクカクしているのでちょっと厳しいんじゃないでしょうか。もう少しヌルサクで動くようなアプリがあると望ましいです。

今回surfaceGOを購入した際に純正のペンも購入しました。購入時に利用してみましたが、Photoshop上ではほぼ使えないです。理由は描写が遅れるため。純正のお絵かきアプリであれば問題なく利用できます。結局はアプリとの相性というわけで、どんなに素晴らしいアプリを入れたとしても能力が低い端末だとアプリの機能を生かせないというわけです。ペンは旅行時一回も使いませんでしたが、これがあれば写真に一言足したりするのも楽にできます。問題はアプリをどうするかというところですね。それは今後も使いながら判断していくことになります。

ネットの閲覧に関しては最初から入っているedgeを使用しています。パソコンのメインブラウザはFirefoxとchromeなんですが、これら二つを入れると容量も喰うし、それとやはり相性の問題があるんです。chrome自体の性能がよくてもsurfaceとの相性は悪いんだそう。ということで純正のedgeでネットを使っています。使い慣れないブラウザなので困惑することもありますが、使い勝手はそこまで悪くありません。ただ動画再生に関してはブラウザ云々というよりもsurfaceGOの性能の限界を感じています。動画がかくかくして固まることもあります。全く見れない状態になることも。動画鑑賞には適さないんだと思います。これはアプリが原因ではなく動画再生に性能が追い付いていないという感じです。

ラジオアプリに関しては特に不都合なく使用できました。またVPN接続も問題ありませんでした。

タブレットサイズに関しては全く問題ないです。合格点、はなまるです。重さも単体で500g。キーボードをつけると750g。そこまで重くありません。

キーボードにマウスがついていますが、こちらはちょっと使いずらいです。文字を打っていると触ってしまうことがあります。そのためマウスは別で必要でしょう。

純正品のマウスは二つあります。迷った結果安い方にしましたは、持ち運びを考えるのであれば薄型のヤツを選んだ方がよさそうです。自分が買ったのは丸みがあるため薄手のカバンに入れると膨らんでしまいます。
マウスの触り心地に関してはクリックが若干固いですがこれは慣れでしょう。もう慣れました。

充電に関してですが純正のACアダプタがありましたがそちらは持っていかず、TypeCの挿せる充電器とコードを持っていきました。これがあれば出先で充電もできるしUSB機器も同時に充電できます。surfaceGO本体とペンとマウス、コードが二本と充電器をセットで持っていく形となります。61wの出力がある急速充電器なのでMacBookにも使えると思います。ちょっと大きいですがこれ一台あればどうにかできそうです。

surfaceGOの挿す穴はTypeCのみです。今後はこれに切り替わっていくのでしょうが、まだまだUSB機器の方が多いのが現状です。

こちらがあればUSBの機器でも使うことが可能です。ネットで見ているとsurfaceGO用に色々挿せる社外のターミナルキットがあるようですが、小さいという利点が損なわれてしまいます。穴は一個で十分でしょう。

一応microSDカードを挿すところがあります。これで128GB保存できます。近々TypeCに挿せるポータブルSSDを買おうと思っています。そうすればデータの保存先には困らないでしょう。

surfaceGOの唯一の難点はバッテリーの持ちでしょうかね。ポータブル機器でバッテリーの持ちが悪いというのは死活問題ですが、あまり持ちはよくありません。iPadの方が電池の持ちはよく、待機電力も少なくて済みますが、surfaceはつけっぱにしておくと電池がどんどん減っていきます。ちなみにメモ帳を開いて作業をしていると3時間ほどでバッテリーが半分くらいに減りました。そのため給電無しで作業ができるのは5~6時間程度なのでしょう。パフォーマンスを下げて長時間使えるように出来るものもあるそうですが、それをするよりも充電できるところに移動した方がよいですね。

コンセントがなくてもUSBが挿せれば低電力充電も可能です。

ノマド作業をするという点では一番使い勝手がよさそうです。画面が大きい方が作業がしやすいのでしょうが、あまり大きいと持ち運びがしんどい。かといって小さいとそれは見ずらいです。iPadMiniという選択もあったのですが、ちょっと小さいんです。そうなるとiPadかsurfaceGOかの選択になっていました。無難な選択はiPadなのでしょう。アプリも多く、社外パーツもいっぱいあります。性能も選べます。でもちょっとだけ高い。surfaceシリーズも種類があります。でもsurfaceGOはベストサイズで値段もある程度まで抑えられている。そこに魅力があります。

どうしても性能が劣る点はありますが、文字を書く、ネットを観る程度であればこれで十分だと思います。あとの問題点は入れ物でしょうね。iPadよりも小さいのでバッグのサイズはiPad用が使えます。でもそれだとiPadと変わらなくなってしまいます。surfaceGOに適した入れ物があるとよいのですが、人気が無いためか数が少ないんです。そして後継機が無いため忘れ去られる存在になるのでしょう。所詮はタブレットですので長期間は使えないんだと思います。

今回購入したのはLTEモデルです。海外ではWi-Fiで使用していましたが、SIMカードを挿せばこれ単体でネット接続が出来るわけです。今後はそのような形で利用したいと思います。

基本的にタブレットはOSによって左右されるところがありました。iOSであればアプリはAppleストアで買わなければなりません。アンドロイドであればGoogleストアで買わなければなりません。アンドロイドは野良アプリも入れられますが、android専用のアプリになります。でもsurfaceの場合はMicrosoftストア以外のアプリが利用できます。OSはWindowsなのでWindows上で利用できるアプリは入れられるわけです。つまりパソコンと同じ環境を整えられます。そのためほぼパソコンとして利用できるわけです。ここがsurfaceの強みなんだと思います。ラップトップを持ち歩くというのもよいのですが、重いしそこまでの性能は求めていない。でもPCと同じ環境が欲しい。それを叶えてくれるのがsurfaceであり、持ち運びに特化したGOであればなおよいわけです。

一カ月使ってみて、久しぶりに買ってよかったという端末に出会いました。でもまだ使い始めたばかりです。使い続けていればやはり不満も募るでしょう。もしかしたら来月には二軍落ちしてカーナビになっているかもしれません。でも当分はこれで過ごせそうな予感がします。不満点があればまた報告します。

関連記事

【パッカブル】パタゴニアのフーディニジャケットを買ってみた。
【パッカブル】パタゴニアのフーディニジャケットを買ってみた。

海外に旅に出たい。しかし世界中から日本人はばい菌みたいな扱いをされている状態では海外に行けそうにありません。飲食店に行けば周...

 
【OBD2】エブリイをレーサー仕様に。iPadでエンジン回転数を知る
【OBD2】エブリイをレーサー仕様に。iPadでエンジン回転数を知る

先日、車屋さんでOBDという存在を知りました。 現在生産されている車には自己診断機能装置が義務付けられております。 この...

 
iPad Proかsurface GoかそれともPixel Slateなのか
iPad Proかsurface GoかそれともPixel Slateなのか

先日iPadProの発売がありました。 価格は 11インチモデルが89800円(税別)~ 12.9インチモデルは1...

 
【ユニクロより軽くて暖かい】モンベルのダウンが軽いから買ってみた
【ユニクロより軽くて暖かい】モンベルのダウンが軽いから買ってみた

海外旅行に行くタイミングは冬です。というよりこれまで夏場に旅行に行ったことがありません。その理由は日本が寒いから。寒いため暖...

 
ACアダプタ以外で充電できるモバイルバッテリー
ACアダプタ以外で充電できるモバイルバッテリー

当方はこれまで色々なサイトを見て様々なポータブル電源やモバイルバッテリーを見ました。そして購入しました。山林生活や小屋暮らし...

 

Profile

Author:山林生活

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中

プロフィール

お気に入りRSS
Copyright © 2016-2020 山林生活 All Rights Reserved.