山林生活

特殊浴場街にある異質な共同浴場「竹瓦温泉」

特殊浴場街にある異質な共同浴場「竹瓦温泉」

[更新日]
[著作者]

波止場神社ところです。海を守る神様を祀る社です。

元西鉄ライオンズの稲尾和久のモニュメントも設置されています。野球を知らないんですがどうやらすごい人のようです。場所は風俗店の目の前。

恋愛レボリューション。
こっちではこの手の施設のことを「ラッキースポット」って呼ぶんですね。
ちなみに「モーニング娘」のところは明治時代は「伊豫亀旅館」という名の旅館だったようです。

本日行くのはこちらのお風呂です。無料案内所の隣にある温泉。竹瓦温泉です。
こんな特殊浴場が周りにいっぱいある公衆浴場ってのは珍しいですが、そもそもこの竹瓦温泉があったから周りに店ができたわけです。温泉があれば人が集まり飲食店や旅館が出来るわけです。そして性風俗店も付近にできちゃうわけです。徐々にそういった店はなくなるもんですが別府ではまだまだ現役のようです。子供連れだと入りづらい温泉ですよね。

なんかお風呂屋さんが周りにいっぱいある場所。

凄い渋い建物です。この建物が出来たのは1938年なので80年以上前の建物で有形文化財、近代化産業遺産に登録されているそうです。こちらが別府温泉のシンボル的存在です。つまりここに入れば別府温泉は制覇したといっても過言ではないでしょう。

雰囲気が良いですね。

こちらの温泉は二種類あり、普通の温泉と砂風呂です。砂風呂は1500円、普通のお風呂は300円。なんか砂風呂は順番待ちをしているようだったので普通の温泉にしました。こんな豪勢な建物の風呂が300円で入れるというのはすごいですね。

普通の銭湯とはちょっと違う作りで脱衣所と浴室が同じ部屋になっています。
浴場が一階下にあり脱衣所が二階にあるロフトみたいな造り。脱衣所で服を脱ぎ階段を下りて浴室に行くスタイルです。脱衣所の物入れには鍵がありませんが、浴場から見えるので盗難の不安はありません。別府の古い温泉施設はこの形のところが多いんだとか。

シャワーとかお湯が出るところがありません。身体を洗うのは湯舟のお湯を使う形。源泉かけ流しなのでずっとお湯は出っ放しです。お湯は熱め。源泉の温度は53℃ほどあるらしいので水で埋めるようです。

海のそばだからか塩気が強いようですね。

こういう温泉が近くにあれば毎日行きたくなります。でもこの辺に住んでいる人って家でも温泉なんでしょうか。

風呂も浴びたし腹ごしらえです。そういえば大分に到着してから大分らしいものを食べていませんでした。

こちらは竹瓦温泉の目の前にあるアーケード街。竹瓦小路アーケードってところで大正10年にできた日本最古のアーケード街なんだとか。別府港が玄関口だったころは竹瓦温泉に行く観光客が多く通ったんだそう。現在は大分静かになっていますがこのアーケードも近代化産業遺産に登録されているようなので今後違う形で活性化しそうです。

中華料理はちょっと違いますよね。やっぱり大分関連料理が食べたい。
昨晩は大分ラーメン?ではなさそうな豚骨ラーメン。それとホルモン炒めでしたからね。

大分名物といえばとり天、から揚げ。

またここでも鶏肉。

【宮崎】タルタルが美味い!チキン南蛮発祥の店「おぐら本店」
【宮崎】タルタルが美味い!チキン南蛮発祥の店「おぐら本店」

自分で行き先を決めるのではなく誰かに決めてもらうことで想像ができない旅になります。空港で行き先を決めてすぐに飛行

宮崎では地鶏の炭火焼きにチキン南蛮。大分も変わらず鶏肉ですか。できれば鶏は避けられないでしょうかね。ちょっと違うものを食べたいんですが。

かぼす。

それくらいですよね。まぁとり天で我慢しましょうか。
たぶん福岡も水炊きとかあるんで鶏料理が有名ですよね。九州抜けるまではずっと鶏続きになりそうです。ちなみに明日は中津に行きます。中津の名物は中津からあげなのでまた鶏肉となっています。

とり天屋さんを探すもこの辺はスナック的な店が並ぶ飲み屋街なのでランチ営業している店が少ないです。

壁にTWが埋まってます。こっちにもなさそうです。海沿いに何かありそうでしたが確実にある保障はないため別府駅方向に向かいます。
取り合えず駅前に戻れば何かありそうですよね。

ありました。別府に来れば一度は食べたい郷土料理「とり天」です。
別府に来るのは今回で四度目です。しかし一度もとり天は食べてないような気がしますね。
初とり天ってことですね。まぁ名前から察するに鶏の天ぷらってことですよね。丸亀製麺とかにあるやつ。味の想像が出来ちゃいますね。

店主「本日は“りゅうきゅう丼”もご用意してます」

りゅうきゅうとは魚介類に醤油や酒、味醂などで味付けした大分のソウルフードです。いわゆる漬け丼みたいなもん。太平洋に面した大分は当然海の幸が手に入ります。元々は漁師飯だったものがいつしか地元の人たちが食べるようになったんだとか。名前の由来は諸説あるようですが、沖縄の漁師から作り方を教えてもらったから琉球になったとも言われています。

とり天より断然りゅうきゅう丼。そういえば刺身とかこっちに来てから食べていませんでしたね。専ら肉料理でした。

こういうのでいいんだよ。

ゴマ、ネギ、カイワレ、みょうが。
それに魚の漬け。漬け丼って間違いないんですよね。

とり天食べられなかったけど、まぁいいかな。

さて、これより移動します。宿泊先は別府ですが隣りの駅のようです。
というわけで電車に乗ろうと思います。

ユーチューブ、はじめました
ユーチューブ、はじめました

山林生活チャンネルを開設しました。国内・海外旅行、車中泊や山林開拓などなど、様々なジャンルで動画をアップします

関連記事

西日本の旅のおわりに。沼津で海の幸を食べる
西日本の旅のおわりに。沼津で海の幸を食べる

これより東京に帰ります。なんだかんだで二週間ほど出ておりました。これもGOTOキャンペーンがあったから。8月からGOTOキャ...

 
神の仕業か?呪いのせいか?謎の巨大石像群がある高鍋町
神の仕業か?呪いのせいか?謎の巨大石像群がある高鍋町

ホテルをチェックアウトをして出発します。本日の目的地は高鍋町です。 今回の旅は羽田空港でJALの職員の方に行先を決めてもら...

 
【会津若松】白虎隊?戊辰戦争?そんなことよりキャバクラビル!
【会津若松】白虎隊?戊辰戦争?そんなことよりキャバクラビル!

本日の宿泊地は会津若松です。ホテルは駅前のところにチェックインしました。スーパーで買った弁当を食べ、これより街を散策したいと...

 
【昭和文化遺産】こっそり堂は男のロマン【大人の階段】
【昭和文化遺産】こっそり堂は男のロマン【大人の階段】

仙台市内から丸森町に行ってきました。せっかくだからということで下道、そして海沿いを南下していきました。まだまだ工事している個...

 
【大正浪漫】山形市の歴史的建造物「文翔館」を観光
【大正浪漫】山形市の歴史的建造物「文翔館」を観光

蔵王につきました。会津若松にいるころからチラホラ雪が山肌に残っているのを確認していました。流石はスキー場です。雪が積もってい...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS