山林生活

大分県中津市の宮島エリアにあるスナック街

大分県中津市の宮島エリアにあるスナック街

[更新日]
[著作者]

中津市の桜町界隈は以前花街だったようで現在も料亭などがあるようです。

こちらは黒田官兵衛が1587年に建立した合元寺です。別名「赤壁寺」と言われ寺の壁が朱色です。

秀吉の九州統一の際にここで殺し合いが起きたんだとか。その際の返り血が何度白く塗っても染み出てくるので赤く塗ったそうです。

なんかここだけ異様ですね。
この合元寺の南側が中津の飲み屋街となっているようです。

城下町だからか中津には水路が多くあります。この水路を渡ったあたりが飲み屋街です。

水路の上に建物が建っています。たまにこういう家を見かけますが、これの土地関係ってどうなっているのでしょうかね。

ここが飲み屋街です。このあたりは宮島エリアと呼ばれている地域で普通のスナック街です。住所は新天神町ってところです。規模は小さく100mくらいの路地が二本ありスナックなどの飲み屋が軒を連ね、あとは居酒屋がいくつかあります。

フイリッピンのお店。シャチョッサン、アルヨネー。

もう一つとなりの通りは激渋です。

中津料飲組合の看板。お酒は二十歳になってから。でも風営法上では18歳から入店が可能です。ただ、飲み屋で18歳の人が入店してきても提供できるものは限られていますよね。つまりは酒以外にも提供できるものがあったのでしょう。なんとなくこの組合は飛田新地と同じ匂いがします。

現在はそういった営業スタイルではなさそうですが、昔はそのような店が多かった場所なのかもしれませんね。

フイリッピン料理屋発見。
今まで意識して見てこなかったから気付きませんでしたが、もしかしたらフィリピン料理屋って結構あるのかもしれませんね。

中津を都会と認定。中津にもパルコがあります。

これは、アレですね。なかなかの強者じゃないでしょうか。
飲み屋街から外れたところですがこういうのがありました。とりあえず「ファッション」ってつければ何かの隠語っぽく聞こえるやつ。

夜の店が多いため明るい時間帯は街の雰囲気はわからないですね。
大分県で三番目に人口が多い場所ですから夜はにぎやかになるのでしょう。

この手の街中華で食事をするのもいいですね。

でも今年の10月で閉店したようです。飲食店なんて3年続けられるのが3割、10年続けられるのは1割以下と言われる世界で50年も続けたというのはすごいことです。

そういえば中津では中津からあげを食べるつもりでした。でも駅前にからあげを扱う店が見当たりません。ネットで探すと少し外れたところにから揚げ専門店があるのですが、持ち帰りの店ばかりなんですよね。最近都心でも見かけるタピオカ屋の居抜き店舗でやってるから揚げ専門店みたいなのしかなさそうなんです。
からあげのお店まで歩いて行って帰ってくると結構時間がかかります。

これは、アレだな。からあげはまた今度中津に来たときに取っとく感じですかね。

ちょうど各駅停車が出る直前でしたので飛び乗ります。
各駅停車だと小倉まで一時間、特急だと30分です。料金は1130円と1970円の違い。到着時間は同じくらいなので各駅停車で行くこととしました。次は九州最後の地、小倉です。

関連記事

【福岡】塩辛が美味い!天麩羅処ひらおで酒盛り
【福岡】塩辛が美味い!天麩羅処ひらおで酒盛り

毎年この時期になると博多にいます。生憎の雨ですがこの時期は仕方がありません。 そしてちょうど山笠祭りの時期だったのですが、...

 
【小倉旭町遊郭】船頭町とちょんの間のあった京町の今
【小倉旭町遊郭】船頭町とちょんの間のあった京町の今

小倉駅の南口側にきました。繁華街があるのはこっち側で、飲み屋やデパートなどがあります。 小倉には仕事で...

 
権堂町アーケードに広がるスナック、鶴賀新地、怪しいホテル
権堂町アーケードに広がるスナック、鶴賀新地、怪しいホテル

遠くとも一度は詣れ善光寺。 無宗派で誰隔てなく受け入れてくれる善光寺。そのため外国人も多く訪れるそうで...

 
折尾駅前堀川沿いの飲み屋街、土地区画整理により消滅
折尾駅前堀川沿いの飲み屋街、土地区画整理により消滅

若松から船に乗れば戸畑に行けますが、電車に乗って折尾駅につきました。 ここで乗り換えて小倉に行けますが、途中下車してこちら...

 
【小倉最終日】旦過市場や魚町銀天街を見て大黒湯に浸かる
【小倉最終日】旦過市場や魚町銀天街を見て大黒湯に浸かる

本日船で小倉から東京に帰ります。 船が出るのは23時以降。フェリーは新門司港から出発するのですが、無料送迎バスが小...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らし、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS