山林生活

【何度でも蘇るさ】川崎堀之内のちょんの間の現在

【何度でも蘇るさ】川崎堀之内のちょんの間の現在

[更新日]
[著作者]

慶長5年徳川家康は六郷川(現在の多摩川下流)に六郷大橋を架け以後修復をしていましたが元禄元年7月の大洪水で六郷大橋は流され、幕府は架橋を取りやめたそうです。以後明治に至るまで船で渡るしかありませんでした。
江戸から西に行く際、日本橋より品川を抜け、この六郷の渡しを利用し川崎へ。そして小田原方面に向かったのでしょう。
当然天候により多摩川は増水。渡れない日もあったのでしょう。そのため東海道五十三次の二つ目の宿場町である川崎宿は江戸に入る際に立ち止まることもあり、宿場町として栄えたのだとか。

客が来れば物資も集まる。物資が集まれば金が流れる。金が流通すればそれに群がる人も来る。
店ができ、宿ができ、そこに住む人も増える。食う寝る処に住む処、それらが揃った先にあるのはエロなんですね。

川崎宿は宿場街と発展し、その後遊郭へ。戦後は赤線・青線街となり、売春防止法施行後はソープ街になりました。
いまでこそ日本有数のソープ街として成り立っている堀之内ですが、このようになったのは江戸のころの名残もあるのでしょう。

400年の歴史を経て残ったのがエロだけというのは不思議なもんですが、

「そんな歴史を目の当たりにできる場所なんです!」

堀之内町と言えばソープランドのイメージが強いです。
狭い街ですがその中に50店舗ほどあるみたいです。かつてはトルコ風呂などと呼ばれたやつです。

元々堀之内は売春防止法施行前も非合法で売春が行われていた「青線地区」。ちなみに近くにある南町は赤線地帯。
もともとはあちら側に遊郭があり、あちら側が本丸だったのですが、川崎の風俗街といえば「堀之内」という感じになってしまっています。サービスがよかったからという理由で名をはせたみたいです。

そんな感じで現在も青線の名残が残っているんです。

「そんな歴史を目の当たりにできる場所なんです!」

本日、こちらに訪れた理由は言うまでもなく「歴史を目のあたりにしようかと」思いまして。
堀之内はソープランド街。でもそれと同じくちょんの間街でもあるのです。

ちょんの間の説明については割愛しますが、要は売春施設です。
関東には横浜黄金町、町田田んぼ、そして川崎堀之内の三か所がありました。

先日、町田の田んぼについては行ってきました。

今回は川崎のちょんの間を見に来たわけです。

妖艶なピンクのネオンの中で破廉恥な格好をした外国人女性。
「オニイサンイカガデスカ」と店先から聞こえる女性の声。
「遊んでいかない?」と声をかける客引きのおばば。

そんなのが10年前は当然のように合ったわけです。

しかし川崎のちょんの間は2006年の一斉摘発により壊滅しました。

当時当方は堀之内のそばに住んでいたのでその摘発の様子を目の当たりにしています。

かなりの数の警察車両。そして警官の数。立てこもり事件か何かがあったのかと思ったのですが、ただの摘発でした。あの時、もし、仮に店にいたら面倒なことになっていたのでしょう(仮の話)。

摘発前は賑やかだったんですけどね。
入り口の所には大門の万人のように座っているたぶんカタギの方ではない男性。中に入ると店の明かりで周りがピンク色でしたからね。正直なところ一回も利用したことはありませんでしたが、人生一度くらいは行ってもよいかなーと思った矢先の摘発でした。もう行けないというのは残念です。

すでに営業はしていないちょんの間です。そのまま残っています。
一斉摘発後、堀之内は静かな町になってしまいました。そのソープも年々減少傾向。町中にはマンションなども建ち健全化に向かっています。

川崎駅までは堀之内の端から徒歩9分。
京急川崎駅まで6分の距離ですからね。一部の男性しか来ない風俗店よりも東京のベッドタウンとしてマンションにした方が良いのでしょう。

でも、あたりを見渡すとなんだか電気がついているところもちらほら。

えっ?やってる?
何度か店の前を往復するも、中には女性がいるようです。
営業をしているということなんでしょうか。何度も往復してチラチラ見ますが、よくわかりません。

怪しい店の前に怪しい人が往復している状態です。

2006年に一斉摘発後も細々と再開。
再度摘発に遭いまた閉店と繰り返していたわけですが、また再開している様子です。ただでさえ風俗業界が下火なのに、そんな中ちょんの間を再度営業するというのは本当にすごいことです。大阪の飛田新地のようなアミューズメントパーク的なところであればわかるのですが、この健全?なソープ街の中で違法営業をするメリットってあるのでしょうか。

当方はちょんの間だと思っていますが、もしかしたら全く違う業態のお店なのかもしれません。一斉摘発のあった黄金町はアートの街としてちょんの間だったところが工房やギャラリーに変わっているらしいです。

川崎もまたアートの街を目指そうとしているのでしょうか?隣はソープランドですが。前衛芸術ってやつですかね。

10年前の輝きはもうなくなっております。
二年後にはオリンピックがありますのでまた一掃されそうです。ただでさえ寂しい街なのに、さらに寂しくなってしまうんでしょうね。そんな歴史を感じる街歩きでした。

江戸の歴史感じたかったけど、あの暖簾をくぐることができませんでした。今度は南町も見に行こうかと思います。

※以下が川崎のもう一つのソープ街川崎南町です。

【893】堀之内よりもディープな川崎南町【リアルアウトレイジ】
【893】堀之内よりもディープな川崎南町【リアルアウトレイジ】

川崎駅にほど近い、堀之内とは反対方向にある川崎南町。以前は遊郭のあった場所で、その後風俗街へと変わりましたが現在

関連記事

横浜中華街で四川麻婆豆腐を食べてみる
横浜中華街で四川麻婆豆腐を食べてみる

寝れるか心配でしたがぐっすり寝ることができました。 部屋には何もないですが寝るだけであれば何ら問題ありません。エアコンがあ...

 
【港ヨコハマ】また今度、伊勢佐木町で逢いましょう。
【港ヨコハマ】また今度、伊勢佐木町で逢いましょう。

夜の帳が降りるころ、伊勢佐木町の街に明かりが灯りはじめます。 恋と情けのドゥドゥビジュビドゥビジュビドゥヴァ ...

 
【終焉の地】さとし君から右翼まで恐怖スポット津田山霊園
【終焉の地】さとし君から右翼まで恐怖スポット津田山霊園

自宅から一歩も出ない。人と会わない。こうなると昼から飲める環境が作れます。そんなわけで最近は平時で酔っていることが多いです。...

 
【この社会の片隅に】ドヤ街横浜寿町の簡易宿泊所に泊まってみた
【この社会の片隅に】ドヤ街横浜寿町の簡易宿泊所に泊まってみた

本日は横浜に来ております。 先日まで京都に二週間ほど滞在しました。京都は観光客が激減し、ホテルの空きが多いようです。そのた...

 
【神奈川宿】東海道で行く鶴見から横浜まで
【神奈川宿】東海道で行く鶴見から横浜まで

東海道五十三次の53とは宿場町のことを指します。日本橋と京を足すと55の宿場町があります。宿場町は等間隔にあるわけではなく距...

 

Profile

Author:

山林

千葉に山林を購入しました。
小屋暮らしをするため、土地持ちホームレスを目指し開拓中⇒プロフィール

お気に入りRSS